交通事故に遭って、その時は何も痛みを感じなかったりする人もいます。

それでも後になって症状がで感じる人もいれば、すぐに痛みを感じる人もいます。事故直後にひどいけがをしているのにも関わらず痛みを感じない場合もあります。

今回は、『むち打ち』のことについてお話します。

むち打ち症は、追突や衝突などの交通事故、または急停車などによって首がむち打ちのようにしなったために起こる症状のことです。

症状に関しては、頚椎捻挫型、神経根症型、脊髄損傷型と分かれ、整形外科や整骨院で治療を行っていくことで完治を目指していきますが、後遺症を残すこともあります。

むちうち症は、先程もお伝えしたように主に交通事故などによって首に不自然な力が加わってしまい、首が『むち』のようにしなることが原因で起こります。

交通事故だけでなくとも、スポーツや不慮な事故など、首に急激な負担がかかった時にも発症します。

むち打ち症の症状はいろいろあります。

・痛み(首の後ろ、前部、側面、頭部、頚椎、腕)

・動かない(首が回らない、動かすと痛い)

・めまい、目のかすみ、目の疲労感

・凝り、重い(首、肩、背中)

・吐き気

・握力の低下、足や指先のまひ

・その他(だるさ、しびれ)

等の症状があります。
もしこのような症状が無かったとしても必ず当院や病院で診てもらうようにしましょう。交通事故は受傷直後にびっくりした反応によってアドレナリンが体内に放出され痛みを感じにくくなります。

人間の頭は重く、事故の衝撃は首への負担が集中してしまいます。頭の重さは、体重の約10%程度と言われていおり、例えば体重が50kgの人の場合は頭は約5kgあり、500ml入りのペットボトル10本を常に首だけで支えている状態となります。

交通事故の瞬間、手はハンドルを強くつかみ、足はブレーキを踏みしめて、体はシートベルトで固定されています。この際、頭は固定されていないので、衝突や急停止によって頭が前へいくことで首の後ろが大きくしなります。またその反動で後ろに反りかえり、波打つように首に過度な負担がかかってしまいます。

ムチウチ症は、大きな衝突事故だけでなくて、低速走行中の事故や軽い衝突事故でも発症することもあります。身構えてない状態で衝撃を受けてしまうと、体重の約10%もある頭を支える首には大きなダメージが残ってしまいます。

そのため軽い事故だから大丈夫だと言って病院に行かないで済ませてしまっていると後で症状が出てしまい、いつまでも辛い症状で苦しむことになってしまいますので、交通事故に遭ってしまったら必ず医師の診断を受けることが大事です。

むち打ち症の症状はすぐに出ないことも多いので気を付けてください。

交通事故に遭ってしまったらすぐに、佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へご連絡ください。
当院で適切なアドバイスを行いますので、まずはお気軽にご相談ください。