交通事故に遭うことで最も怖いことは「後遺症」を残してしまうことです。
事故に遭うことだけでも怖いのに、さらに患者様に一生症状を残してしまうことは最も怖いことです。

しかし交通事故を起こした患者様全てが後遺症を残すものではありません。多くの方は適切な施術を受けることで後遺症を残すことなく完治します。

交通事故も大きな交通事故ばかりではなく、軽微な事故が多いのも実状です。
後遺症として申請を出しても、後遺症認定を受ける場合は14等級・12等級が主な認定となります。

みなさんは後遺症14等級・12等級のことを知っていますか?

今回は後遺症について少し詳しくお話します。

交通事故による後遺障害の等級は、第1級から第14級まであり、最も症状が重いものが1級で、軽いものが14級ということになります。

形上では14級は最も症状が軽いものですし、1等級に比べて慰謝料も比較的低額になるため、認定は簡単だと考える人もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。

後遺症認定するということは保険会社にとって支払う保険金が増えます。後遺症慰謝料ゼロとなるか、たとえ低額の保険金でも支払わなければならないかの差は大きいため、後遺障害第14級の認定を受けるのは難しいことだと言ってもいいかもしれません。

後遺障害第14等級認定に該当されるものは

・一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

・三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

・一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

・上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

・下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

・一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの

・一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの

・一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの

・局部に神経症状を残すもの

の9つです。

また、後遺障害12級が認められる場合がどのようなものなのかを見てみましょう。
後遺障害が認定される場合、単独の症状によって認定される場合と、症状が競合することによって認定される併合認定のケースがあります。

・単独の症状によって後遺障害12級が認定されるケースは、

・1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの

・1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

・1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

・1耳の耳殻の大部分を欠損したもの

・鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの

・1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

・1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

・長管骨に変形を残すもの

・1手の小指を失ったもの

・1手の人差し指、中指又は薬指の用を廃した場合

・1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの

・1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの

・局部に頑固な神経症状を残すもの

・外貌に醜状を残すもの

があります。どれも難しい言葉ばっかりです。

交通事故でこのような症状が出た場合は、損害賠償金を請求できる可能性がありますので相談してみてください。

 

但し注意点として、定期的な医師の診断を受け状態の変化をチェックしているかが、最終的な後遺症認定に向けての診断の要となりますので、症状や状態が重たい場合は、定期的に医師の診察を受けてください。

当院では、交通事故患者様の症状や状態に合わせて医師の紹介や診察への促しを行っております。
患者様の怪我をいち早く改善できるように治療の組み立てを行っています。

交通事故によるお怪我で症状が取れずにお困りの方は当院へご相談ください。