交通事故は自分の責任で起こるものばかりではありません。自分がいくら気をつけていても事故をもらうこともあります。

交通事故に巻き込まれたとき、多くの方は頭が真っ白になってパニックになります。

交通事故に巻き込まれたとき、どうすればいいのか事前に知っていれば、回避できるトラブルも多いです。

 

【交通事故に遭った時の5つのポイント】

①人命救助

交通事故に遭った時は速やかに車を安全なところに車を止めます。(車が動かせない時はそのまま)、そして最初にすることは事故によって怪我を負った方の人命救助です。

事故のときには過失割合に限らずに人命救助が第一です。

また歩行者など、事故に巻き込まれた人がいないかどうかを確認し、救助が必要であればすぐに救急車を呼ぶなどして、とにかく人命の救助を最優先しましょう。

ただし事故の時に頭部を強打したのであれば、救急車が来るまではあまり動かない方が賢明です。

②現場保存と相手の確認

救急車や警察が到着するまでにしておくことは、現場保存と相手の確認です。

事故を起こした車は、事故が起こったままの状態で止めておいた方が、事故原因の究明はしやすいのですが、道を塞いでしまっていると、他の車の迷惑になるどころか、さらなる交通事故を起こしてしまう可能性があります。

この時携帯電話やスマホを持っているのであれば、現場の写真を撮影しておくと、後に証拠となるので、素早く現場の写真を撮影しておくことがいいでしょう。

 

③警察へ連絡

どんなに小さな交通事故でも、基本的には警察を呼びましょう。加害者の中には他で交通違反の点数が貯まっていたり、警察を呼ぶとさらに点数が増えてしまうため、警察を呼ぶのを嫌がる人もいます。

警察を呼ばなければならない理由は、交通事故の損害賠償に保険を使う場合、警察が発行する「事故証明」が必要になるからです。事故証明がなければ基本的に保険会社は保険金の支払いをしません。
そのために警察を呼び事故証明を発行してもらいましょう。

④加入している保険会社に連絡する

事故を起こした場合、忘れがちなのは保険会社への連絡です。自分が事故の加害者であった場合は、警察を呼ぶのと同じくらい重要なポイントですが、自分が被害者であった場合も保険会社への連絡は忘れてはだめです。

⑤病院へ行って診察を受ける

もし自分が交通事故に遭って、意識不明で病院に運ばれてしまった時は、当然医者の診察を受ける事になります。しかし多少痛みがあっても動ける場合でも、すぐに病院に行って診察を受けましょう。

後日、示談交渉を行う時に事故で負った怪我の診断に関して、事故を起こした日より後に診察を受けていると、その症状が事故によるものなのかどうかわからない、といったことにもなりかせんませんので早めに受けるようにしましょう。

この5つを知っておくと必ず役に立つと思います。

皆さんも交通事故には気をつけてください。

当院では交通事故の知識や交通事故によるお怪我に対して効果的アプローチを加え患者様の症状を出来るだけ早期に回復できるようにご提案致します。