交通事故にあったとき、「むちうち」や「むち打ち症」と言われたことがあると思います。

しかし病院では『外傷性頚部症候群』と診断を受けて、整骨院へ行くと『頚椎捻挫』と言われることが多いです。

上記の状態は全く同じというわけではありませんが、発生状況から同じように判断されます。
頚椎捻挫でもある、むち打ちの原因は事故時に追突された衝撃によって、頚椎(首)・胸椎(背部)に外力が加わって、その関節が持っている運動範囲以上の動きを強制されることで、筋肉や靭帯、関節包などを損傷した状態のことです。
外力の強さによりますが、状態が重い場合は、骨折や脱臼などを起こしてしまう場合もあります。

外傷性頚部症候群(ムチウチ)の種類もいろいろあります。

・頚椎捻転型といって、頚椎捻転は最も軽い損傷で、頸の付け根から肩にかけて付いている筋肉や靭帯などの軟部組織が、一時的に引き伸ばされただけで、自然に元の正常な状態に戻ってしまうそうです。
何日間は痛みが続きますが完治するのに長期間かかる事はそんなになくて、その多くが後に問題になる事は少ないそうです。

症状は、軽い頚、肩、背中の痛みやコリがでたりします。

・頚椎捻挫型
・神経根型
・バレリュー型

と大きく3つに分類されます。

交通事故に遭い頚部や肩に痛みを自覚した患者様は病院ではむち打ち症と診断されますが、8割程度が頚椎捻挫型と診断を受けます。そして整骨院では頚部捻挫と判断されるわけです。
頭部を支える筋肉(胸鎖乳突筋・僧帽筋など)や靭帯、関節のが損傷を起こしたり、回りの軟部組織の損傷が起こっている状態です。
多くの損傷は後遺症を残すことなく損傷を受けた部位は2ヶ月から3ヶ月ほどで回復してくるものの、状態によって頭痛・違和感などの症状にしばらく悩まされることもあります。

症状は、首を動かしたときに痛い自発痛や、首や肩の動かすことで起こる運動痛の症状が主となります。後頭部やこめかみに頭痛やめまいなを感じる方もいます。

バレリュー型では、頚椎の中を通っている自律神経を事故時に痛めてしまうことで起こる状態です。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、身体の活動時や休息時のスイッチのような役割をしてくれます。体の機能を一定に保つ働きをする神経でもあります。

症状は、神経症状として目眩や吐き気、耳鳴りや難聴、不眠、全身の倦怠感、疲労感、食欲不振、イライラ、頭痛、など症状が多岐に渡ります。

交通事故にあったとき、自分は大丈夫だと思っていても、体には大きな怪我を負っているかもしれなるだけ早くに当院または病院へ診てもらうようにしましょう。