むち打ちの症状と言われて、すぐにに思い付くのが首の痛みだと思います。
しかしむち打ちを起こした時の怪我の種類でも、むち打ちを引き起こしている体の原因がいろいろあり症状も異なってきます。

むち打ちを起こす原因で一番多いのが交通事故の時です。
事故の衝撃によって筋肉の組織や靭帯・関節損傷を起こした発症してしまいます。
筋肉組織は、顕微鏡でも見てみると細い糸が束になっているような構造をしています。想像するならそうめんの束をしてみてください。この筋繊維が事故の衝撃によって、一部が切れてしまうことがあります。

スポーツをしていた方なら練習中や後に痛みを感じたこともあると思います。この痛みは筋肉痛と呼ばれますが、筋肉痛と筋繊維断裂は紙一重で筋繊維の断裂が軽度のものであれば、自然に回復を起こし筋繊維が回復を起こす度に強くなっていきますが、筋繊維断裂が大きいものであれば自然治癒が難しくなり後々に症状を引きずったり、古傷のように何度も怪我を繰り返すことになります。

事故時の衝撃によって筋肉が切れているから、むち打ち症でも痛みを感じるのは当然です。
完全に筋繊維が切れないまでも、筋肉や靭帯が伸びてしますことで痛みを感じることもあります。むち打ち症だけに限りませんが、伸ばすと痛いと言うのは、筋肉組織が傷ついてしまっているにもかかわらず、さらに負荷をかけてしまっているからです。

むちうち症の症状は様々です。

むち打ちの症状で起こしやすい症状は頭痛や肩こりです。
事故の後に首の痛みを感じ痛みを庇ってしまう動きで生活することで、首以外の健康な筋肉を使い過ぎたり、負担がかかることに慣れていないことで頭痛や肩こり、痛み引き起こしてしまいます。

交通事故の後に脳髄液減少症となった場合は、脳髄液の減少に伴い慢性的な頭痛悩まされることが多いです。
また脳髄液減少症は脳や脊髄に影響を与え、めまいや吐き気、体のだるさなど不定愁訴でお悩みのなることが多いようです。

ムチウチ症で神経根型の分類がありますが、その名の通り神経を損傷・圧迫してしまうことで、指や腕のしびれや痛み・顔面などの痛みを引き起こしてしまいます。場合によっては重篤な麻痺を残すこともあります。
軽度の症状で麻痺までもいかないでも、交通事故の後、慢性的な肩や腕が重だるいを自覚していたら、それが根症状型のむち打ち症であったと言う事もあります。

いまご説明したむち打ち症の症状はごく一部です。

事故直後は痛みを感じなくとも放置することで後から症状を感じそのまま後遺症を残すこともありますので、出来るだけ早く診てもらうことが重要です。

皆さんも運転をするときは、安全運転を心がけてください。