自賠責保険を知っていますか?

本日は交通事故に遭った際に必要な保険自賠責保険についてお話します。

自賠責保険は、自動車やバイクを運転するときに法律で加入することが義務付けられている保険であるため強制保険とも言われています。

自賠責保険は、『自動車損害賠償保障法』という法律で加入が義務付けられている自動車やバイクの保険で、正式名称を『自動車損害賠償責任保険』と呼びます。

【自賠責保険の特徴】

・自動車やバイクを運転中にご自身が怪我にあったり、他人をケガさてしまったり、死亡させたりしてしまった場合の補償(対人賠償)を行なうもの。

・加害者が加入している損害保険会社へ被害者が直接保険金を請求できる(被害者請求)

・被害者が事故によるもので当面の出費の為の、仮渡金を請求できる

・被害者1名ごとに支払限度額が120万円と決められており、1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者1名あたりの支払限度額は変わらない

 

自賠責保険は法律で加入が義務付けられている保険で、未加入の場合は罰則があります。
また加入していても自賠責保険証明書を携帯していないことでの罰則もあります。

自賠責保険の罰則は、未加入は1年以下の懲役または50万円以下の罰金・免許停止処分(違反点数6点)で、証明書を持っていなかったら、30万円以下の罰金とされています。

自賠責保険は保険金・損害賠償金の上限額が決まっているため、損害のすべてを填補できないという場合もあり大きな後遺症を残したり、死亡事故や大きな損害を与えてしまいった場合のリスクがありますので、もしものときの備えに任意保険へ加入することをおすすめします。

しかし自賠責保険では支払い限度が決められている反面、任意保険よりも被害者保護に比重が大きい部分があることも確かです。必ずしもと断言できことではありませんが、直接被害者が加害者に請求をする被害者請求をする際には治療を受ける際に保険会社からの面倒な電話連絡が省かれることになりますので、それだけでも被害者の方の精神的負担が解消されることもあります。

交通事故に遭った時に少しでも保険の事を知っていれば役に立つと思います。できれば交通事故に遭わないことが1番良いのですが、遭ってしまった時の対策も重要です。

もし交通事故に遭ってしまいお困りの方は、佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へお越しください。