任意保険とは、簡単に説明すると自賠責保険では補償されない部分を補ってくれる保険です。

例えば、任意保険では自分や相手の車の修理代やた公共物を破損させてしまった時の補償や自分のケガや自賠責保険の補償額を超える金額の補償などが可能になります。

この任意保険への加入は義務付けられておらず、加入するかしないは個人の自由です。
多くの方は任意保険に加入していますが、中には人のため加入していない方もいます。

任意保険は自賠責保険に比べて費用がかかりますが、保障内容にも選択できますし必要最低限に抑えることで費用の削減もできますので、費用負担で悩まれている方は必要な分だけ加入することを考えてみてはいかがですか?

そのため任意保険に加入しているといっても、加入している保険内容は全てみんなと一緒ではありません。

基本的に加入しておかなくてはいけないと言われているものは下記の4つです。

①対人賠償保険
②対物賠償保険
③搭乗者傷害保険
④人身傷害保険

自賠責保険はどこの保険会社でも同一価格ですが、任意保険では各保険会社によってサービス内容も異なりますが、また同じ保険サービスでも保険会社によって価格が違うため、自分に合った保険会社を見定めることが大切です。

任意保険には、主に7種類あるそうです。

・対人賠償保険

他人にけがをさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合を対象とした保険

・対物賠償保険

他人の車や壁、ガードレールなど、物を壊してしまった時に対象となる保険

・搭乗者傷害保険

運転者を含む、事故の際の同乗者を対象とした怪我や死亡した場合に保障される保険

・自損事故保険

ほかの誰も巻き込まずに、自分だけで起こしてしまった単独事故の場合のときに適用される保険

・無保険車傷害保険

相手が対人賠償金保険に加入していない場合や、加入していても賠償金を支払う能力がない場合に適用される保険

・人身傷害補償保険

怪我をした時の治療費などを、自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる保険

・車両保険

自分の車が破損した場合を対象とした保険

となっており、任意保険でもいろいろな種類の保険があります。

もしもの時の備えに必要な保険に任意保険は加入しておくことが理想的です。
単純に価格を抑えることを第一に考えてもネット保険や車の運転者の縛りを設けることで保険料を抑えることもできますので、気になる方はCMでみた保険会社に気軽に電話をしてみるのも良いかもしれません。