交通事故に遭ってしまったら必ず病院や整形外科などの医療機関に通うことが重要です。出血が認められる場合や、明らかに痛みが出ている打撲などがあるときは病院に行こうと考える人がほとんどですよね。

しかしそれでも忙しいなどいろんな理由で「なんとなかなる」「これぐらいなら大丈夫」と病院に行かないケースでは、その後に後遺症が残ったりします。

今日は事故直後に痛みが感じない理由をお話します。

交通事故の直後は突然のアクシデントに遭遇してしまったことで、興奮状態になっています。

実際に起こった話ですが、事故の後にある患者様は一見怪我の程度は軽そうだけれども、事故が事故であるために念のために病院へ行くことになり自分の足ですたすたと救急車に乗り込んだ人が、救急車に乗っている間に興奮が醒めてしまい、病院についたころには痛みを自覚し始めて自力で立つこともできなくなってしまい、結局ストレッチャーで処置室に運ばれたという話も珍しくありません。

打撲や捻挫どころか、骨折をしていても、事故直後の興奮状態では痛みを感じなかったという人もいます。
事故現場では、何ともなかったという負傷者の感覚は必ずしも正しいわけではありません。

これは、自分のことだけではなく、一緒に乗っていた同乗者や事故の相手でも同じことが言えるますので、注意深く対処しなくてはいけません。

またこれらの要因には、アドレナリンの分泌が関係しています。事故の衝撃によって体内に内分泌ホルモンが大量に放出することが痛みを感じなくさせます。

興奮状態には、人間の体内にはアドレナリンやβエンドルフィンといった内分泌ホルモンが放出されます。

アドレナリンとは、副腎髄質から分泌されるホルモンで、興奮状態に血液中に放出されて、体のエネルギー代謝や運動能力を高めたり、身体が日中の活動時に放出されます。

特に身体に危険が及んだり、極度の不安、怒りを感じることによって分泌されるもので、火事場のバカ力はこうした作用によって起こると言われています。他には血糖値上昇、心拍数や血圧上昇をもたらし痛覚を麻痺させる働きがあります。

交通事故後の興奮状態で、アドレナリンが負傷の痛みを感じなくさせている可能性があるそうです。

こうした作用によって交通事故の後、間をおいて自覚症状が出る場合があります。
交通事故に巻き込まれて事故後数日から1週間程度、間をあけて自覚症状が出てくることもありますので、しばらくは様子を見ることが重要です。少しでも違和感を自覚しましたら早めに佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へ受診してください。

もちろん事故直後から、首の痛みを感じることも珍しく無いそうなんですが、痛みがなくても時間差で症状が出るケースもあって、予期せず症状を悪化させてしまうリスクを避けるためにも、事故直後に早めに受診しておくを覚えておいてください。