交通事故の中でも最も怖いのは死亡事故です。ご自身や相手を死亡させてしまった場合は、家族や友人も悲しむことになります。

今日は死亡事故についてお話します。

交通事故の中でも、死亡事故を起こすものはどんな事故だと思いますか?

こう聞かれると「被害者が死亡した事故」と答える人が多いとおもいますが、交通事故の死亡事故は、死亡したタイミングで取り扱いが多少異なるようです。

事故が起こって即死した事案と、しばらく入院など治療中に死亡する事案があるからです。

 

交通事故を起さないことが一番ですが、普段交通事故に注意して運転を心がけていても事故に遭うことはあります。
ご自身に過失がないようなもらい事故もありますので、対策や対応が万全であったとしても車やバイク、自転車や歩行者でも外に出て生活をする以上は少なからずリスクが付き纏います。

自動車の運転をする方は、シートベルトの着用を徹底することで怪我の度合いやリスクを軽減できるため、少しの距離だからといっても必ず着用するようにしましょう。
わたしも車を運転しますが、時々助手席や後部座席に子どもが立っている状態を目にすることがあります。私にも子どもがいるため泣き止まない場合だったり、ぐずる場合にはシートベルトやベビーチェアから外してあげたい気持ちは十分わかりますが、もしベビーチェアやシートベルトを外した状態で交通事故に遭った場合を想像すると怖くて外すことが出来ません。

こどもは成人の方に比べて怪我をしにくいのですが、交通事故の場合は外力が大きい場合もあるため、もしものことを考えてしっかりとした対策をもって運転をするようにしましょう。

あなたにとって大切な方が事故に遭って大きな怪我や後遺症を残してしまってからでは遅く、つらい思いをしてほしくありませんので、口うるさく聞こえるかもしれませんが、徹底していきましょう。

交通事故による怪我は初期に適切な処置を受けることで回復も早く、後遺症を残すリスクも軽減できますので、早期回復を目指すのであれば、早期治療開始を目指していきましょう。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故の怪我に対して一日でも早く回復できるように様々方向からアプローチをかけていきます。むち打ち症でお困りの方は当院へお気軽にご相談ください。