生活している中で、自転車はとても手軽な移動手段ですよね。

免許もいらなくて、小さな子どもから大人まで乗ることができる手軽さが魅力なのですが、自転車による交通事故が多く発生していることを知っていますか?

未成年による事故の割合が高いそうです。

先程も述べたように自転車さえあれば手軽に利用できて、移動手段として最適です。

みなさんが知っている通り、自転車は自動車とは違い運転免許は必要ありません。そのため運転の仕方さえ覚えたら誰でも乗ることができます。

しかし手軽さ故に、きちんとしたルールやマナーが軽視されることがあり事故も多発している現場によって、自転車が危険な乗り物だという認識が少しずつ増えてきたのも事実です。

ある統計によるとによると、平成28年中に全国で起こった交通事故のうち、自転車が関わった割合は約18%だそうです。平成23年以降は年々減ってきているようですが、全体の約5分の1という数字は決して少ない割合ですよね。

さらに自転車乗用中の事故を年齢別に見てみると、15歳以下が約15%、16歳から19歳までが同じく約15%となっており、未成年の自転車事故は全体の30%に昇ります。

2013年7月に、小学5年生の男の子が起こした自転車事故によって、被害女性が意識不明の重体になってしまい、神戸地裁が男の子の母親に約9,500万円の支払いを命じたという事例がありました。

この報道によって子どもを持つ親に大きな衝撃を与えました。手軽な移動手段として日常的に使用している自転車が、このような大きな事故につながってしまうと考えたことがある人はこの事故以前はたいへん少なかったです。

ご自身が普段使っている通勤路で自転車が走行していることは珍しいことですか?

ふと思い返してみると、スピードを落とさずに歩行者のすぐ脇を走っている自転車や、交差点や歩道の曲がり角から飛び出して来る自転車を見かけることはありませんか?

2013年の自転車事故はこうした些細なことが原因で起こった事故かもしれません。

道路交通法では、自転車は車両の一種として扱われています。そのため法律違反をして事故を起こしたときは、罰則が科せられる可能性があり、その事故で相手に怪我を負わせてしまった際には、損害賠償を行なう必要があります。

子供が事故を起こさないようにマナーやきちんとしたルールを教えることはもちろん大切ですが、もしもの時を考えて万が一の事故に備えた準備をしておくことも重要です。

近年では自転車による事故が増えたことで、保険も加入できるようになりました。

子どもが自転車を安全に乗ることができる状態かどうかを確認したり、子どもが小さいうちにきちんとルールを守ることの大切さを教えてあげられるといいですね。

自転車事故でも車の事故と同様に佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院にて怪我の施術を受けることができますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。