交通事故に遭った患者様では首や肩に痛みを自覚する方は決して珍しくありません。
この痛みを感じている場所(部位)にはなにが生じているのでしょうか?

頚部や肩には筋肉や関節が存在していますが、交通事故でお衝撃の際に関節や筋肉・血管、神経に怪我が生じて痛みを自覚するようになります。
怪我も詳しく説明していくと、関節の怪我では「捻挫」、筋肉の怪我では「挫傷」、神経の損傷や血管損傷を起こしてしますこともあります。

神経を傷めてしまうケースでは「腕神経叢引き抜き損傷」と言って、神経が引き抜かれてしまうこともあります。
神経が引き抜かれた場合では自然に回復をすることは難しく手術や初期判断が重要なものとなっています。

腕神経叢引き抜き損傷では手にしびれが出たり、腕が上がらないなどの症状が現れてきますが、一般的な神経系症状とは違い早期の判断が必要な為、事故の後に手にしびれが出た場合でそのまま放置することは決しておすすめしません。

少しでも違和感や痛み、不調を感じたら早い段階で診せていただくことで、必要に応じた処置や医療機関へのご案内やご紹介を行います。

緊急を有することもありますので、事故後に「おかしいな」と気付いたら我慢せずにすぐにご相談ください。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、年間にたくさんの交通事故患者様を診させて頂いておりますので、通常では判断しにくいような症状でもご対応させていただくことができます。
当院では述べ2000件以上の交通事故患者様の施術を基に早期改善を目指していきます。

初期に適切な処置を受けているか?そうでないかでその後の症状緩和途中や状態の進み方に差が生じてきます。

事故の後の治療や施術はどこも同じではありません。

初期処置の重要さはお身体のことを詳しく知らない方には分かりづらいかもしれませんが、早期改善を目指すのであれば、治療開始時期はとても重要な要素になってきますので、「事故後に後遺症を残したくない!」「早く治したい!」と思う方はお気軽に当院へご相談ください。

当院では患者様に安心して施術を受けていただけるように、初回に詳しく今後の説明や施術方針・施術内容をご説明した上で施術を開始していきますので、わからないことや不安を少しでも解消した状態で施術にあたれます。

まずはお気軽にご相談ください。