交通事故に遭われた患者様に共有して起こる症状は頚部の痛みをといっていいでしょう。

事故の衝突時の外力の影響で頭を支える首が前後・左右鞭のようにしなり起こしてしまうのが「鞭打ち症」です。
ムチウチ症になることで肩や背部など頚部周辺の痛みは当然ですが、腰痛や自律神経、頭痛、目眩、吐き気など多岐にわたって症状が出現してしまう怖い怪我です。

初期から適切な処置を受けることで症状が改善していく期間が短くなることは経験上明らかですが、事故時の衝撃に強さによってむち打ち症の状態にも影響を及ぼしている以上、大きな交通事故では事故の後に症状が残ってしまう、いわゆる「後遺症」を残してしまうことにもなりかねませんので、早めの受診をおすすめしております。

交通事故での怪我は日常生活上で起こる怪我に比べて、状態や症状も重いことが多く、施術に要する期間も必然的に長くなってしまいます。施術期間が長くなることは後遺症を残すリスクも高まってしまうことでもあります。

怪我に初期には初期の施術が必要ですし、炎症期などの状態が落ち着いた後には回復を目指す上で次の段階へ移行していく必要があります。

怪我は初期段階では熱を持ちアイシングや安静にすることで炎症を早く落ち着かせる効果が期待できますし、固定をすることで怪我の悪化を防ぐこともできますので、まずはご自身で自己判断をせずにしっかりと専門化の意見を聞いてください。

からだのことはご自身で判断することは大変難しいです。

わたしたち術者も自身の身体を客観的に見ることは難しく、仮に体調が悪い場合は他の先生に診てもらいます。

交通事故の中で最も怖いのは事故の瞬間ですが、現実的に厄介なのは後遺症です。

後遺症をできるだけ残すことのないように、佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故に特化した施術で患者様の症状改善を目指していきますので、事故の後に痛みや不調でお困りの方はお気軽に当院へご相談ください。

当院ではハイボルト療法といった特殊な電気治療機器や鍼灸治療・手技療法などの用いて患者様の早期社会復帰を支援していきます。

まずは我慢なさらずに診せていただくことが先決です!

交通事故の怪我なら当院へお任せください。当院は怪我だけではなく保険会社の対応や面倒な書類の書き方まで丁寧にご説明致します。