外傷性頚部症候群という言葉を聞いたことありますか?

外傷性頚部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)とは、交通事故やスポーツや就労時・日常生活での不慮の事故によって突発的に首に怪我をしてしまい、首から周辺部にかけて様々な症状が起こる怪我のことを指します。

首には、頚椎や脊髄神経が隣接しており、怪我の状況や施術経過の中で誤った処置をすることで後遺症が残ってしまったり、症状が慢性化するなど初期対応や施術計画をしっかりと見極めて進めていく必要があります。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故患者様に限らず症状や患者様の状態に合わせて施術がご提案できるように、施術の細分化をしております。

施術を細かく分けることで、患者様に必要な施術をピンポイントで対応ができるようになります。

当院では他院からや整形外科や病院からの転院も受け入れておりますが、転院してこられる理由としてよく耳にするのが、「通院しているけど症状に変化がない」ことや「治療が薬だけだから痛み止めを飲んでいる時はいいけど、薬が切れると痛みが出てきて困っています」です。

投薬治療は痛みが強いときは助かりますが、患者様もいつまでも飲み続けるわけにはいかないという思いがあるようで、断薬を望んで当院に来られます。

また他の整骨院でマッサージ(厳密に云うと手技療法)施術を受けて、施術直後は症状が軽減するけど、翌日や数日後には痛みが戻ってくるようなケースでは痛み抜きとして筋肉調整を主体に考えていることが多いように思います。

マッサージなどの手技療法は筋肉を調整する目的に行なう上では重宝しますが、原因に頚椎の歪みがある場合では頚椎の歪みにアプローチをしたほうが効果的にも経過的にも安定すすることが多く、期間的にも短くなることが多いです。

交通事故の怪我ではむち打ち症が代表的ですが、むちうち症では先程も述べたように頚椎の大事な関節や神経の影響を受けて症状がすぐに取れないことは珍しくありません。

患者様の一番の不安要素として、「この症状がいつまでも続くのか」ですが、計画的に施術を進めていくことで怪我の管理をしていきますので、症状を残したくない、後遺症を残したくないと考えられる方は当院へ気軽にご相談ください。

当院は患者様の症状改善を第一に考えています。