交通事故に遭った場合の対処法を今回はお伝えします。

突然の交通事故でパニックになりなにをしていいのか、どこに通院していいのか、わからずに佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へお問い合わせが年間を通して多数ございます。

ゴールデンウィークの長期休暇だからこそ遠出をして交通事故に遭われる方も少なくありませんので、もしもの備えとして皆さまに情報をお伝えしておきますので、憶えておいてください。

【交通事故の遭った場合の対処法】

①事故車両を安全な場所に移動する

事故現場が交通量が多かったり、危険な場合は車を安全な所へ移動することを考えましょう。車の破損状況によっては車を動かせないこともありますので無理に動かす必要はありません。

事故車両を動かす際には携帯電話で事故状況がわかりやすいように写真をとっておくといいでしょう。

②警察に電話をする

交通事故が遭ったことを証明するためには、警察による現場検証が必要です。
この現場検証を受けないと自賠責保険や任意保険を使用することが出来ませんので必ず警察へ電話をしましょう。

その場で示談や誓約書を書くことは決しておすすめしません。

③保険会社へ電話

事故車両のレッカーをする必要がある場合は、自身の加入している保険会社に電話をして事故に遭ったことやレッカーが必要なこと伝えましょう。

④現場検証

現場検証では相手の方との言い分が食い違うことも少なくありません。
しかしここで遠慮をしてしまうとご自身の過失に分が悪くなりますので、しっかりご自身の主張をするようにしましょう。

近年ではドライブレコーダーを搭載している車も増えてきましたので警察へみせることで十分な証拠となりますので、ドライブレコーダーを搭載していない車では設置を検討してみるのも良いかもしれません。

⑤当院へ受診

痛みがなく、違和感であったとしても早めの受診で後遺症リスクを軽減するために初期に適切な処置を受けるようにしましょう。事故直後は痛みをすぐに感じないこともありますが珍しくありません。

計画的な施術で早く怪我の修復ができるように受けていきましょう。

施術が終了したら最後の工程です。

⑥示談

保険会社から提示してきた内容に納得が出来たら示談をして今回の事故の全てが終了です。

示談を書いてしまった後には訴えることも出来なくなるため慎重な対応をしましょう。