佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故に遭われた方からのご質問を多く寄せられています。

事前に知っておくことで咄嗟の対応ができるかもしれませんので、本日は交通事故の際に気をつけておくことやご質問で多いものをわからやすく解説したいと思います。

事故の際に一番困ることは、【わからないことを聞ける相手がいないことです。】

何度も交通事故の経験がある方はそう多くいらっしゃるわけではありませんので、身近な方に聞くといってもスムーズに正確な情報が入るわけではありません。

人に言われれば、それが事実でなくとも本当のことだと信じてしまうこともありますので、注意が必要です。

場合によっては一生を左右することにもなりかねない症状や後遺症、補償の問題は出来るだけ正確に早い段階で知っておくことが大きなポイントとなります。

例えば、最近患者様から多く聞くケースです。

【ケース1】

(患者様)

交通事故に遭った際に保険会社から「交通事故での治療は3ヶ月しか通えません」と言われました。
私自身はまだ痛みがあり通いたいのですが本当ですか?

(院長)

答えは、3ヶ月に限定するものではありませんので安心してご通院ください。

但し、交通事故の状況が軽微な事故や通院頻度が極端に乏しい方は事故によるお怪我と因果関係を判断されるため長期の通院はできないわけではありませんが、保険会社の方から治療の打ち切りに言われることがあります。

そうならないために施術計画をしっかり立てて計画通りに施術を進めていきましょう。

【ケース2】

(患者様)

病院で施術を受けているのですが、治療内容が薬ばかりで痛いところを触ってくれません。
また痛みが薬が効いている時は引くけど、またすぐに痛みが出てきます。どうしたらいいですか?

(院長)

投薬による治療で症状が落ち着く方もいますので必ずしも間違っているとは思いません。
しかし患者様からすると患部を触って欲しいと思う気持ちもわかります。

当院では患者様の症状改善を第一に考えますが、症状だけを診て施術をするわけではありません。
患者様がこれからも健康的にはつらつとした人生を歩んでいただけるように根本施術を得意としております。

現在通院している方で施術内容に納得がいかない方は当院で転院による受け入れもできますので、お気軽にご相談ください

転院の手続きは保険会社へ電話一本で済みます。
この際に保険会社から断られるようなことが当院へお伝え下さい。