今日は連休明けで当院でも朝からご予約が続いております。
朝からゴールデンウィーク中の交通事故でお困りの方からのお問い合わせや通院希望のご連絡が10件以上ございました。

ホームページや当院のブログや地域情報誌やチラシによってご通院されるきっかけとなっていますが、一番多いのは「ご紹介」です。

交通事故に遭われて当院へ受診され無事に完治をした方や現在通院中の方から施術内容を聞いて受診動機となっているようです。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院はおかげさまで開院5年が経ちました。
院長自身の業界歴は17年と交通事故に遭ったことがきっかけです。

そのため多くの研究・勉強を重ね当院独自の施術をご提供しております。

交通事故でのお怪我も日常生活でのお怪我も硬くなった筋肉をただほぐすだけでよくなるものではありません。
たしかに筋肉の固さが残っている場合は、固さによって不調や動きの制限があり柔らかくしたほうが良いのですが、固くなる原因が他にある場合はその原因自体を潰さない限り何度も症状を繰り返すようになります。

交通事故でのお怪我の場合はとくに受傷時の外から加わる力が強いため怪我の度合いが重く、治りにくいのも事実です。計画的に根気よく施術を受けないことで「後遺症」を残したり、後々になって辛い症状で悩まされる可能性もありますので、施術期間中は積極的に施術を受けるようにしましょう。

事故は突然起こり怖いものです。
気をつけていても起こしてしまうこともあります。

しかし事故後の対処の仕方によって完治までの期間に大きな差が生じてしまうことありますので、最後まで気を抜くこと無く施術を受けるようにしましょう。

お怪我の部位は初期段階では炎症を伴っていますので、炎症を抑える「アイシング」や「ハイボルト」や鍼灸施術」を受けることで炎症を早めに抑えることができ、怪我の修復を早めてくれます。

また初期段階では無理に使うことで、怪我の悪化を招き完治までの期間が長くなったり、状態を悪くしてしまうこともありますので、初期には使わないようにテーピングや包帯によって「固定」を行うこともあります。

患者様からすると煩わしく感じる固定ですが、初期段階で適切な処置は完治までの道のりに影響を及ぼします。

適切な処置で早期回復、後遺症ゼロを目指しましょう。