皆さまゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか。

故郷への帰省、家族・友人との旅行など1年の中でも遠出をする方がたくさん増える時期です。

様々な場所がたくさんの人であふれかえりますが、交通機関の混雑も外出時の悩みの種の一つですよね?

自家用車や遠出先でのレンタカーで移動される方もすごく多いと思いますが、一番気を付けていただきたいのは思いもよらぬ交通事故です。

もちろん故意に交通事故を起こす方なんていません。みなさん誰もが不意に訪れる出来事なのです。

急に遭遇してしまった交通事故。大事なのはその時の対応です。

交通事故での適切な対応を知らなければ、後々の後遺症等に対する治療を満足に受けることができないままその後の人生を送っていくことになります。

事故時の対応で注意しておく必要があるものを分かりやすく解説したします。

 

【交通事故の初期対応】

⚫事故現場の現場検証

事故に遭った場合はお車の故障やお身体の怪我を起こしている可能性が高く、その後の「修理」や「治療」を受ける際に自賠責保険や任意保険を使用して施術や治療を受ける形となります。

保険を使えない場合は、ご自身で健康保険で窓口負担を支払う必要があったり、全額自費治療としてお支払いすることになりかねませんので必ず警察の方を呼んで現場検証を受けるようにしてください。

警察の現場検証を受けないと「交通事故証明証」を発行してもらえないため、本来「自賠責保険」、「任意保険」の適応となる場合でも適応外となりますので、お車の「修理費」や事故後に痛みや怪我で会社に行けなかった際の「休業補償」、病院や整骨院などに通院する時にかかった「交通費」やお怪我をして通院する際にかかる精神的なストレス等に関して支払われる「慰謝料」の補償を受けることができません。

事故を起こした相手がその場で「示談」を申し込んできても応じることは絶対に避けましょう。

事故によるお怪我は事故直後にすぐに痛みを感じるものばかりではなく、時間と共に徐々に症状が強くなる傾向にありますので、事故直後に痛みが無いからといって安易に怪我をしていないと判断することは危険なため、自己判断も避けましょう。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故の施術に対して専門的な知識で患者様の症状改善に向けて最善の方法でお悩みを解決致しますのでお気軽にご相談ください。