本日の最高気温が26度で最低気温でも21度とだんだんと夏に近づいてきたように感じます。
また車の中では温度も上昇して熱さを感じるほどですね。

暖かくなると活動的になります。今までは寒さで我慢していたような行動でも積極的に動くようになります。
当然ですが活動すればその分外出が増え、外出が増えた分、交通事故の発生率が上昇することになります。

外にいるから風邪を引くというわけではありませんが、外出時に交通事故に遭うリスクはどうしても高くなってしまいますので、気をつけるようにしましょう。

もうすぐで梅雨に入ってしまいます。梅雨に入ると鬱陶しい雨が続きますね。
雨が降ることでいつもの運転以上に注意する点が2点増えますが、1つ目は「視界の確保」です。2つ目は「路面状況の把握」です。

雨によって視界がいつも以上に悪くなり事故に遭うリスクが高まってしまいます。
見通しが悪いカーブや死角になったところから不意に人や車が表れることがありますので気をつけましょう。

雨の量が多いと「ワイパー」の効果も期待できません。
このような時は、事前に窓ガラスに水を弾く薬剤を塗ることでずいぶんと変わってきます。費用も多くかかるわけではありませんので、検討してみましょう。

ワイパーが古いと水を弾く作用も弱まるため変な音がしたり、窓ガラスに水が残るような異変を感じたら早めに交換しましょう。

また路面状況が晴れた日は乾いていてブレーキの効きが良いですが、雨の日は路面とタイヤの摩擦が減少してしまい「制動距離」が伸びてしまいます。

晴れた日に5mで止まるような状況でも、雨の日は8~9mとすぐに止まれませんので、天気が悪い日は前方や後方との車間距離を十分に取るようにしましょう。

タイヤの溝が減ってくるとブレーキの効きが悪くなります。
雪の日や雨の日、晴れた日など天候によって路面状況は大きく変化しますので、車の整備は日頃からきちんと行っておきましょう。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故にお困りの方からお問い合わせが多く、日常的にご相談を受付けています。

患者様が不安に感じられていることは、多くの方が不安に感じられている内容と同じことが多いです。
保険会社から伝えられた内容や怪我が治るのか?

当院では患者様の症状の早期改善を目指すために、患者様に必要な施術を積極的に行います。

お困りの際は早めに受診してください。