むちうち症って聞いたことある人が多いと思います。

「むちうち症」とは、主に自動車の追突や衝突、急停車などによって首がむちうちのようにしなった為に起こる症状を総称したものです。

しかし「むちうち症」は、正式な傷病名ではないそうです。「頸椎捻挫」「頚部捻挫」「外傷性頚部症候群」などとよばれるそうです。

むちうち症の症状は単純に「首の痛み」だけではない場合があるそうです。

「頭痛がする」「吐き気がする」「めまいがする」「体がだるい・疲れやすい」「肩こり・背中が痛い」このような症状も「むちうち症」の症状だそうです。

むちうち症でも分類されています。

・頸椎捻挫型

頸椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられて、むちうち症全体の70~80%を占めているとされているそうです。首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。また、首や肩の動きが制限されることもあります。

・根症状型

頸椎のならびに歪みができてしまうと神経が圧迫されて症状が出ます。首の痛みのほかに、腕の痛みやしびれ、だるさや後頭部の痛み、顔面痛などが現われるそうです。

これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定に引っ張ったりしたときに強まるそうです。

・バレ・リーウー症状型

後部交感神経症候群といいます。

頸椎にそって走っている椎骨動脈の血流が低下して、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられているそうです。

・脊髄症状型

頸椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢の痺れや知覚異常が起こってしまって、歩行障害が現われるようになるそうです。

また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあるそうです。

・脳髄液減少症

一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根に最も強い圧がかかってしまってくも膜が避けると考えられているそうです。

脳髄液減少症の症状は極めて多彩で、いわゆる不定愁傷がそれに相当します。初期には頭痛が特徴的だそうです。また、これらの症状にある特徴が見られて、天候に左右されることです。ことに気圧の変化に応じて症状が変化するそうです。

むちうち症でも分類されます。

交通事故に遭ってしまって、その時は何ともなくても病院へは必ず行ってください。

数日後に痛みが現われてからは遅いかもしれないので早めに見てもらうことが大事です。

当院へは交通事故に遭われた方の治療も行っています。

もし交通事故に遭われてしまった方や身近にいられたら当院へお越しください。