毎日のようにニュースであっている交通事故。とても怖いですよね。

交通事故が原因となって起こる怪我のうち、約半数が「むちうち症」と言われているそうです。
「むち打ち症」とは、主に交通事故によって頚部(首)に障害を受けることによって起こる症状の総称で、正確な医学用語ではありません。

「ムチウチ症」は原因と症状によって分類されますが、全般的な特徴として、事故直後に痛みや不調を感じないことが多い、ということが挙げられます。

交通事故に遭うことで事故の当時者は一種の興奮状態に陥ります。この興奮状態下では痛みを感じる感覚が鈍くなったり一時的な麻痺を起こすこともあります。
数日経ってから、首や肩に痛みなど症状を自覚したり、不快感や違和感等を自覚したりします。
日常的に首や肩が凝るなどの症状で自身で「むちうち症」を疑い、病院や整骨院などの医療機関に行き診断を受けても、交通事故との因果関係が否定されることもあります。

交通事故によるお怪我であることを示す診断書がないことで人身事故として扱われず、ムチウチ症に対する施術や損害賠償請求ができなくなってしまう可能性があります。

交通事故に遭って強い自覚症状を感じなくとも、しまったら、自覚症状がなくても必ず直後に病院に行って、医師の診断を受けることが大切です。

こんな症状が出たらむちうちになっているかもしれないです。

・頭痛、疲れやすさ、不眠、めまいなどの症状がある

・医師に首の骨に異常なしと言われたが調子が悪い

・長期間にわたって痛みが継続的に続いている

・集中力がなくなり仕事に支障が出ている

・天候や温度等で症状が出てくる

このような症状があったら、むちうちと考えられるので、医師にしっかりと症状を伝えるようにしてください。

むちうちと考えられる場合は、どこに通院すればいいのでしょうか?

最初は、病院(整形外科)に行くことです。

ただし、むちうちの痛みは、事故当日に自覚するものとは限らないです。したがって、「痛みのあるなしにかかわらずに、交通事故にあったらまずは整形外科を受診する」と覚えといてください。

整形外科では、レントゲンの撮影に加えて、MRIの検査も受けておくようにしてください。レントゲンは、骨の異常を調べるのには向いているし、事故直後においては、まず骨折の有無を判断することがとても重要であるから、レントゲン撮影は必須です。しかし、筋肉や腱、神経へのダメージは、レントゲンには写らないため、脊髄、靭帯、椎間板、神経根などの異常を調べるためにはMRI検査を受ける必要があるのです。

なお、「交通事故治療専門」などとうたっている整骨院もありますが、順番としては、整形外科にかかってから、必要があれば整骨院にかかるようにしてください。

当院は、交通事故専門治療も行っています。

もし、交通事故にあわれてしまった場合は、お気軽にご相談ください。