日々、様々なタイミングで起こる交通事故

日本では、現在一日平均約1635件。1分に1件のペースで交通事故が起こっている計算になります。

この事実を知ると、いつ自分が事故にあってもおかしくない気がしますよね。

ですが、いざ交通事故にあってしまった際の対応

みなさんはしっかりできますか?

今回は様々なパターンの事故の中から自損事故についての対応をお伝えしていきます。

一般的な交通事故は相手がいるので、ムチウチなどのけがをした場合、

相手方の自賠責保険を使用し、治療費や通院費などを受け取ることが可能です。

では、自損事故の場合はどうなるでしょう。

自損事故は一般的に運転手の過失のみが原因で起こった

相手方のいない単独の事故になります。

相手方の自賠責保険を使用するということがそもそもできません。

そこで、自損事故や対物事故で怪我をしてしまった際に利用することが

できる保険がしっかりと準備されています。

しかし、自損事故で保険金を受け取る場合は、まずしっかりと警察への

届け出を出す必要があります。

自損事故は警察への届け出は必要ないと思っている方もいらっしゃるようですが

対物などの場合は特に道路交通法上の義務でもありますので

しっかりしておきましょう。

次に、保険会社への報告をしましょう。

報告を受けた保険会社はその報告に嘘がないか等の調査をすることになります。

これは、自損事故の場合は、相手いないので基本的に請求者自身のみの

自己申告のみの場合もあるからです。

事故車の修理の内容なども調査し、自損事故と無関係の修理内容が含まれていたり

する場合は保険金がおりない可能性があります。

自損事故の保険金の支払い対象にはムチウチ以外にも骨折や打撲などの怪我も

含まれる場合もあります。

この場合、病院に通院、入院することになりますが、この時はなるべく健康保険証を

使って治療していくのが望ましいでしょう。

自損事故は軽度なものだと、お身体に問題がなかったりすることが多いので

これくらいの怪我やお車の故障と思わず、しっかりとした対応をしていきましょう。

佐賀県三養基郡基山町小倉にある多賀はりきゅう整骨院は交通事故専門治療院です。

交通事故に対する治療をしっかりおこなっていきます。

交通事故で一番怖いのは、時間がたって現れる後遺症です。

交通事故での怪我はしっかりと治療を受けていく義務がありますので

しっかりと元気なお身体に戻していきましょう。

是非一度お電話ください!!