「上を向いたり寝返りをしたとき背骨の横の部分が痛い」

「咳やくしゃみ、深呼吸をしたとき胸や背中が痛い」

みなさんこのような症状になったことありますか?

じつはこの症状は”椎間関節症”という病気です。

背骨(脊柱)は上から頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個の合計24個の椎骨が連なってできあがっています。

それぞれの椎骨と椎骨の間にあるのが椎間関節と言い、この関節があるおかげで背骨を曲げたり反らしたり捻ったりといった運動ができるわけです

この椎間関節に炎症が起こったり、関節を支えてる周囲の靭帯などが曲げたり捻ったりの動きで挟み込まれてしまう症状を”椎間関節症”といいます

炎症などが起こっている個所に合わせて”頸椎椎間関節症” ”胸椎椎間関節症” ”腰椎椎間関節症”と言い分けています

椎間関節症が発症してしまうと

初期では、上を向いたり、体を捻ったりなどの背骨を動かす動作で背骨の付近に痛みや違和感を感じることはあってもじっとしている時には特に何も症状は感じないと訴える方がほとんどです

しかし症状が悪化してくるにつれ咳やくしゃみ、深呼吸さらにはじっとしている時や就寝時にも痛みを感じることが多くなります

なかには胸の前の部分や横の部分が痛むと訴える方がいらっしゃいますが実は炎症が起こっている関節部分が神経を圧迫したりしてその神経の通り道に痛みを感じているのです

頸椎であれば首から背中、肩、胸椎であれば胸や肩甲骨、腰椎であれば腹部からお尻のところに痛みを感じることになります

胸が痛い場合などは肺や心臓の病気を疑う方も少なくないでしょうが、もし臓器を調べた結果なにも異常が見つからなかった場合は椎間関節症の可能性が十分にあります

ではどのような方に発症しやすいのでしょうか

まずは普段からお仕事などで重いものを持ったり、体を捻ることが多い方は椎間関節に過度の負担をかけ続けていることになりますので痛みや炎症を起こしやすくなります

しかし、ほとんどの場合はそれ以前に普段からの姿勢が原因となっていることがほとんどです。

例えば近年多くなっている猫背や反り腰もその一つです

猫背とは背骨の特に頸椎から胸椎にかけてが過度に前方に曲がっている状態、反り腰とは腰椎が過度に後方に曲がっている状態です

このような状態が常に続けば、当然お体に対する負担は増え続け痛みや炎症をおこすきっかけになります

姿勢というのは一度癖づいてしまえばなかなか変えることが難しいのでご自分で気になるという方はさまざまな症状が出てくるまえにご近所の矯正治療を行っている治療院に通うことをお勧めします