車を運転する皆さんはご存知だろうと思いますが、

自動車保険には車の持ち主が必ず加入しなければならない

“自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)”と、

各保険会社が販売していて加入するかどうかは自由な

“任意加入の自動車保険”があります。

「聞いたことはあるけどよくわからない…」

そんな人のために、今日はその違いについてお話をしましょう!

 

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法に基づいて

あくまで“人身事故”の被害者を救済するために作られました。

被害者の最低限の保障を確保する保険です。

そのため、物損事故には対応しません。

示談成立前の仮渡金などの制度もあります。

強制加入なので、未加入で運転した場合には1年以下の懲役または

50万円以下の罰金に処せられます。

 

任意保険は、人身事故から物損事故まで契約の内容に応じて

様々な保障をします。

ほとんどの場合、示談交渉の時点では示談代行を行い、

訴訟に至っては加害者の代理人として弁護士を選任し対応します。

交通事故で相手が死亡したり重い障害が残った場合など

多額の賠償責任が生じた時に、

自賠責保険で賠償しきれない部分を保障することができます。

 

簡単に言うとこのようなお話です。

損害賠償というものにも当てはめられるものです

交通事故の損害賠償金は次のような順を追って支払われます。

①自賠責保険から支払う

②自賠責で不足する部分を任意保険から(契約内容に応じて)支払われる

③自賠責+任意保険でもカバーできない部分は加害者の自己負担となる

 

また、自賠責保険の支払いには限度額があります。

「障害」「後遺障害」「死亡」、それぞれの損害に応じて

保険金の支払い限度額が決められています。

障害による損害…支払限度額「被害者1名につき120万円」

後遺障害による障害…支払限度額「被害者1名につき4000万〜75万円」

死亡事故による損害…支払限度額「被害者1名につき3000万円」

つまり損害賠償がこれらで足りない場合は任意保険で補うことになるということです。

 

皆さんは自賠責だけじゃなくて任意保険まで、加入してますか?

いつ何が起きるかわかりません。

いつ誰が被害者になり、加害者になるのかもわかりませんよね、

交通事故は起こらないことが1番大切ですから

“かもしれない運転”が大切になります。

それに合わせて任意保険まで加入しておくと少し安心です。

 

もし交通事故が起きてしまい、痛みが出てきてしまったら

佐賀県三養基郡基山町小倉にあります

多賀はりきゅう整骨院へお問い合わせください!

一緒に痛みをとっていくためのお手伝いをさせていただきます!