みなさん交通事故でむちうち症や強い腰痛がでた経験はないでしょうか?

もちろん交通事故の後は、しっかりと整形外科や整骨院を受診して、何らかの診断を受け

治療をしていくとは思います。

 

もし現在、交通事故に遭ってお身体に痛みなどの症状が出ている状態で整形外科や整骨院に行かずそのままにしている方がいる場合は、すぐにでも受診をお願いします。

事故治療は、治療の開始時期によって完治までの期間が大幅に伸びる場合や、治療開始が遅いと後遺症として残ってしまうこともありえます。

 

さて本題はここからです

みなさんコルセットって知ってますか?

大勢の方が知っているだろうし付けたことあるよという方もいらっしゃるかとは思います

そのコルセットといえばぎっくり腰の際に付けるイメージが強いと思います

少なくとも昔の私はそうでした

しかし、交通事故による症状でも付けることって意外に多いのです

 

では主にどのような目的でつけるのか

コルセットをつける主な目的としては、患部を安静にしておくための固定です

 

ではどのような症状で付ける必要があるのか

まずは多い症例が、むちうち症です

むちうち症と一言に言っても”頸部捻挫”や”頸部挫傷”などの首の筋肉、関節部分に起こる怪我やバレ・リーウー(後頸部交感神経症候群)、脊髄症状型などの自律神経や脊髄神経に損傷があったり影響が出ている怪我があります

むちうち症は、怪我からの期間によって2種類に区別します

最初は、怪我になり始めて患部に炎症が起きて熱を持っている時期のことを急性期と言います

この期間は、長くて1週間くらいと言われています

次に来るのが慢性期

痛みや炎症が落ち着きしっかりと施術を行っていく時期です

 

コルセットを使う時期は、どちらかに限られます。

実は、急性期です。

急性期は、痛みがある場所をむやみに動かすことはしてはいけません。なぜなら、動かすことで炎症が悪化し、痛みやその他の症状がひどくなる場合があるからです

なのでコルセットで患部の動きを制限し炎症の悪化を予防するのです

 

ここで問題なのが、コルセットを外す時期です

急性期なので、基本的に1週間程度、もしくは症状が全く引かないのであれば付けることをお勧めします

しかし、いくら痛みが治らないからと言って、あまりにも長い間付け続けることはお勧めしません

慢性期に入っても安静にしてしまうと、反対に筋肉がどんどん硬くなっていき治療の妨げになるのです

なのである程度の期間が経過したら、どうしても痛みが我慢できない時以外は外すようにしたほうがいいです

もし付け外しが面倒だし持ち歩くのも嫌という方がいたら、タオルを首にしっかり巻くだけでも代用は可能ですので試してみたください

 

このように、症状を緩和するための道具も正しい使用法を知らないと、反対に完治を遅らせる場合があります

みなさんしっかりと確認してから使うようにしてくださいね

何かわからないことがあれば、お電話でも大丈夫なので当院にご相談ください