みなさん自動車保険についてしっかり理解していますか?

自動車保険には、

①自動車の持ち主が必ず加入しなければいけない自動車損害賠償責任保険、略して自賠責保険

②各保険会社が販売していて加入するかどうかは自由な任意加入の自動車保険

の2種類があります。

 

その違いは、自賠責保険は対人の人身事故にしか適用されないのに対し、任意保険は人身事故だけではなく物損事故などの幅広い補償があります。

イメージとしては、自賠責保険では補いきれない場合や対応していない場合に任意保険で補償してくれると考えるたほうがわかりやすいかもしれません。

 

さらに詳しく説明するのであれば、

自賠責保険は、主に人身事故の被害者を救済する目的として作られました。

なので、被害者が事故後にかかってくる費用の最低限の保証をするものになります。

自賠責で補償してくれる限度額は、『傷害事故』『後遺障害が残った場合』『死亡事故』によって変わってきます。

①傷害事故の場合は、治療費や通院費用、診断書や文書を発行する際の手数料、慰謝料など他にも色々ありますが

一人当たりの支払い限度額は、上限額が120万円となっております。

②後遺障害が残った場合の損害に対する限度額ですが、障害の程度(1〜14等級)によって、一人につき4000万〜75万円となっております。

③死亡事故の場合、死亡に至るまでの治療費や葬儀費や慰謝料などがあり、一人当たり3000万円までとなっており、万が一損害賠償がこれらの補償で不足する場合は、任意保険を使うことになります。

保険は万が一のために加入しておく事で、もしもの時の備えになりますが保証内容を全部入れてしまうと当然保険の月々の加入料は負担が増えてしまいますので、重点を置いて補償内容を決めていく必要があります。

当院が大事に考えている補償内容は、「弁護士特約」です。

弁護士特約は慰謝料や過失割合の論争の時にすぐに対応してくれるため、交通事故に初めて会った際に何をしていいのかわからない方にはとても安心できる補償となっています。

 

他にも様々な補償がありますが、今のご自分の生活にあった補償内容と加入料をしっかり考えて、各保険会社と相談して決めることをお勧めします。

佐賀県三養基郡基山町にある多賀はりきゅう整骨院では、交通事故アドバイザーが在籍しておりますし、他の施術スタッフもしっかりと交通事故のことについて学んでおります。

交通事故に遭った際に、不安なことや疑問があれば是非一度ご相談ください!!