交通事故による怪我でお困りの患者様からご相談がありました。

内容は1週間前に交通事故に遭ったのですが、相手が保険に入っておらず治療費やその他の補償が受けれるのか心配です。とう言うようなお問い合わせでした。

詳しく聞いていくと、事故の状況は相談者のT様は交差点の信号で停車中に後方から追突されるような事故であったことがわかりました。
その話が本当であれば間違いなく相談者の過失はなく、被害者としての立場で有ることが判断できます。

この場合は無保険といっても任意保険に加入していな場合と自賠責保険に加入していな場合とを判断する必要がありますが、今回のケースでは任意保険に加入していないケースでした。

そのため、自賠責保険の範囲の中だけという縛りはありますが、補償されるものもあるためひとまず痛みに対しての治療にかかる治療費の問題はいりませんでした。

自賠責保険は車の車検を通すときに必ず加入することが義務付けられているために別名、強制保険と呼ぼれます。

自賠責保険は交通事故に遭った際や起こしたときに最低限かかる治療費や車などの修理費や慰謝料などの補償として賄われるため、もしものときに大変役にたちます。

しかし事故の状況によっては、大きな事故の場合などでは自賠責保険の中だけでは補償内容や金額が足りないため、任意保険に加入している方が多いのも実情です。

昔に比べると任意保険に加入していない方が増えてきているという声も聞こえてきますが、自賠責保険で足りない場合はご自身で負担をしなくてはいけなくなるため、自動車やバイクに乗る方はできる限り任意保険に加入することが理想的だと言えます。

車やバイクは一歩間違えば人を殺めてしまう「道具」にもなりかねませんので気をつけて運転するようにしましょう。

今回のご相談者のT様は本日より受診して治療を開始しましたが、怪我の度合いも大きく数ヶ月の治療が必要となりましたが、少しでも早く日常生活を取り戻せるようにしっかりと計画的な施術を受けていくことが重要だということを説明させていただきました。

本日の治療内容は、低周波治療器とアイシング療法に鍼灸治療と手技療法(いわゆるマッサージ)を行い、受診時に強くでていた症状も軽減し一日目の治療が終了しました。

事故は本当に怖いものです。
一日でもはやく怪我の回復を目指せるように佐賀県三養基郡基山町の多賀はりきゅう整骨院では計画的に施術を進めていきますので、事故でお困りの方は当院へお気軽にご相談ください。