交通事故を起こした際、まずは被害者の安否確認が第一優先ですが、加害者となる側の安全も大事です。

加害者とは一般的には過失割合の高い方、簡単に言うとぶつけた方になってきます。

事故が起こった際には、双方に過失の割合が出されますが、100対0の場合以外はお相手の自賠責保険を使って事故治療ができます。

加害者となる方たちにも、普段の生活ではあり得ない衝撃がお身体に影響を与えている場合もありますので、しっかりと治療をしていく必要があります。

では加害者となってしまった場合にまずするべき事とは何でしょうか。

 

交通事故は大抵が予期せぬタイミングで起こってきます。

その時には、まず慌てずに自分の車を他の人の交通の邪魔にならない場所に移動し停車しましょう。

停車が完了したら、お相手の安全の確認、お相手の自動車の損傷の有無と損傷程度の確認

そしてお相手が怪我をしているのであれば救急車を呼ぶか周りの人と協力して近所の病院まで運ぶなどの措置をとらなくてはいけません。

このときに止血なども可能であれば応急措置もしておかなくてはいけません。

最後に事故により部品などが散乱しているのであれば、可能な限り片付け、周囲に事故を知らせ二重事故の発生を防ぐことに努めなければいけません。

これを緊急措置義務といい、①車両等の運転の停止②負傷者の救護③道路における危険の防止というような内容になります。

この義務に反した場合、いわゆる轢き逃げとなり、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられますので注意しましょう。

 

実はもう一つ加害者の義務があります。

それは警察への報告義務です。

その報告事項というのが

①交通事故が発生した日時と場所

②死傷者の数と負傷者の傷の程度

③損壊した物とその損壊の程度

④その事故に関わる車両の積載物と事故についてとった措置

です。

この義務に反した場合は、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処せられます。

 

交通事故を起こしてしまった場合はパニックにならずに落ち着いて対応しましょう。

 

加害者でもむちうち症などを起こすことは少なくありません。

後遺障害が残らないようにしっかりと治療していきましょう。

 

もしわからないことや不安な事があればすぐに近所の交通事故治療を取り扱っている治療院に行きましょう。

 

当院は交通事故治療を専門に扱っております

さらに交通事故アドバイザーがいますので様々な質問にお答えできます。

困った時は、ぜひ多賀はりきゅう整骨院へお越しください。