交通事故の治療にも健康保険が使える事が存知でしたか?

自賠責以外の保険も活用しましょう。

 

病院では自由診療から健康保険治療に切り替えるようにします。交通事故の治療は原則として自由診療で行われます。(被害者が医療機関の窓口に保険証を提示するまでは自由診療で精算されます)

治療費は、労災保険が適用されるケース以外出来るだけはやく健康保険に切り替えることをお勧めします。

健康保険で治療費を抑える理由は、、

◆自由診療で治療費が自賠責保険の限度額を超えた場合に、加害者が、任意保険に加入していなかったり資力がないと超過分を相手から回収できない、リスクとなります。

◆被害者も自分の過失分は問われます。自由診療では治療費の全額を損害として計上しますが保険診療なら過失相殺がなされるのは3割の窓口負担に対してだけ。過失割合が大きくても影響を受けにくくなります。

◆治療が長期化し結果的に治療費が120万円超えると保険会社から治療費の打ち切りや出し渋りをされる場合があります。保険会社との交渉をしやすくするためにも健康保険で医療費を抑えることが大切です。自賠責保険は治療費→休業補填右通院交通費→慰謝料という支払い優先基準があります。健康保険診療であれば治療費を低く抑え、3割の窓口負担分のみを自賠責に請求するので120万円という限度額を有効に使えます。治療費は加害者の保険で支払われるからと容易に考えていると思わぬ不利益を被ることになります。

交通事故で健康保険を使うためには

まず医療機関への申し入れが必要です。

事故後診察に健康保険を、使用したい旨を明確に意思表示しましょう。初診時な被保険者証を提示できなかった場合でも医療機関によっては初診からの健康保険対応を認めてくれるところもあるのでできるだけはやく早期に申し出るようにしてください。

第三者行為による傷病届を保険官掌者に提出しましょう。

自分が被害者となっている健康保険所へ必ず本人が提出します。すぐに届け出書を提出できない時は、電話などで連絡し後日できるだけはやく正式書類を提出書類を提出するようにしましょう。

第三者行為による傷病届けは、交通事故に限らず第三者の行為によって負傷した被害者が健康保険で診察を受ける際には必ず提出しなければなりません。健康保険を使うということは本来、加害者が負担すべき損害賠償費用を、健康保険が代わりに支払うということです。その立て替え分を保険者から加害者に直接請求することになります。

交通事故は難しいルールや決まりが多く突然事故にあってしまったときに困るものです。

そんなときみなさんの心のよりどころや、治療スペースであれるよう日々努力しております。

交通事故の事でなにかお悩みがあれば多賀はりきゅう整骨院へご相談下さい。