交通事故での代表的な怪我といえば何でしょうか?

むち打ち症を思い浮かべる方が多いと思います。

ですが、交通事故で起こりやすい怪我はむち打ち症だけではありません。

 

実は、交通事故で起こりやすい怪我に「ダッシュボード損傷」というものがあります。

初めて聞く方も多いと思いますが、この怪我は大きな事故にあった際に運転手ではなく助手席に乗っている方に起こる怪我です。

 

交通事故にあった際は他の自動車とぶつかる場合や急ブレーキをかける場合に強い衝撃が車体と乗車している人に加わります。

その際にダッシュボードに膝をぶつけることが原因となって、膝から股関節周囲を痛めてしまう怪我の総称、それがダッシュボード損傷です。

ダッシュボード損傷に含まれる怪我は代表的なもので「後十字靭帯損傷」ですが、膝をぶつけた衝撃が股関節まで伝わり股関節周囲まで損傷する恐れもあります。

その際は、膝蓋骨骨折・大腿骨骨頭部骨折・股関節後方脱臼・骨盤の骨折などを合併する恐れがあります。

 

「後十字靭帯損傷」

膝には、前方にある前十字靭帯と後方にある後十字靭帯がありますが、後ろの靭帯を痛めた状態です。

前の靭帯に比べて痛みなどを感じにくい靭帯ですが、それでも膝蓋骨を中心に痛みと腫れが出現します。

 

ダッシュボード損傷は、重度になると足を動かすことすら激痛に感じてしまう症状です。

もしダッシュボード損傷になってしまったら、まず病院か整形外科に行き、しっかりとレントゲンなどで見てもらい治療を受けましょう。

治療については、後十字靭帯損傷だけの単独の損傷であれば、太ももの前面の大腿四頭筋の筋力トレーニングを中心とした保存的な療法で回復に向かいます。

しかし、怪我の程度や部位によっては手術を受けなければいけない場合もあります。

そうなった場合はまずは安静にお身体が回復するのを待ってから徐々にリハビリを続けていきましょう。

このように交通事故にあった場合はむち打ちだけではなく、様々なお怪我がありますので注意して運転しましょう。

 

佐賀県三養基郡基山町にある多賀はりきゅう整骨院では、交通事故治療を専門にやっております。

ダッシュボード損傷の治療の場合でも初期のリハビリ治療がどうしてもお身体に合わないということもございますが、そのような場合は転院のご相談も受け付けております。

交通事故アドバイザーも在籍しておりますので、何かご質問などがございましたら、当院までご連絡ください。