交通事故にあったとき何をそうすればいいのか、

交通事故に関する手続きは何をしたらいいのか

不安なことがたくさんあると思います。

ここではなにをだれにお話ししていくべきか書いていきます。

 

まず依頼者に変わって保険会社との示談交渉や裁判ができるのは弁護士だけです。

症類作成から代理人としての活動まですべてのサポートをしてくれます。

弁護士に示談交渉を任せると、裁判を視野に入れた強気の行動ができるので慰謝料なども

日弁連基準が通りやすく適切な賠償額を得られるように腫脹してくれます。

弁護士費用の総額が高額になる場合もありますが最終的に受け取ることのできる慰謝料の中から

成果報酬として払われることが多いので経済的に余裕がなくても

依頼可能な場合も多いと思います。

 

特記手続きの専門家で原則として裁判や示談交渉を代理することはできませんが

認可された認定司法書司であれば賠償請求額が140万円いじょうの場合に限り

弁護士と同様の活動ができます。

自賠責保険は扱えませんが、裁判所に提する適切な書類を作成してくれます。

 

主に行政関係文書を作成する専門家で書面を作成する権限しかないので

依頼者の代理人として相手と直接交渉をすることはできません。

自賠責保険請求の手続きなどはサポートしてもらえます。

 

このように司法書士や行政書士への依頼は書類作成や比較的軽微な事件に限られます。

これに対して弁護士は書類作成、示談交渉、裁判のすべての手続きを代理することが可能であり

後遺障害が残るような事案では最初から弁護士に相談する方が良いでしょう。

ただし、好通事故に対して専門的な知識をもっていない弁護士もいるので

依頼する前によく確かめることが大切です。

 

他にもAMS(アクシデントメディカルサポート)と呼ばれる方たちもいます。

交通事故に遭った人を救済するために各業界が連携してフルサポートする一般社団法人で

無料の好通事故相談を受け付けています。

被害者が安心して怪我の治療に専念できるように、医療、整骨院、保険、車の修理など、どれもが適正に

受けられる企業と連携しています。

 

交通事故の被害者を救済するという理念のもと、法律家や保険会社、医療関係、関連する企業など各業界の

プロフェッショナルが連携して設立されたのがAMSです。

誰もが被害者・加害者になりえるかもしれない交通事故に対してそれぞれ協力しあって情報を提供し

全力でサポートします。

交通事故に関してお悩みの方はぜひ一度多賀はりきゅう整骨院へご相談ください。