事故の際に起こる怪我として代表的な怪我は「むちうち症」といいます。

このむち打ち症の怖いところは、怪我をしたのにすぐに症状として表れないことがです。
他の交通事故による怪我ではすぐに症状を自覚するのに対して鞭打ち症は、事故後は普通に生活していたにも関わらず時間とともに辛い症状が表れてきます。

また鞭打ち症はレントゲンなどの検査で異常が発見できないケーズが多いこともあり、病院で「異常はありません」「様子を見ましょう」と言われ、そのまま放置されることがあります。

当然ですが、放置することで怪我悪化を招いたり、症状がいつまでも続く後遺症に悩まされることがあるため、初期対応の重要性がとても大切なことと言えます。

また交通事故によるむち打ち症は、怪我の度合いが重く、治療を受けてもすぐに症状が改善されないこともありますが、すぐに改善されないからといって、諦めずに先生の指導の元で計画的な通院が必要とされます。

むちうち症の症状は、主に首や肩の痛み、背中の痛みですが、神経症状を患うと頭痛やめまい、吐き気や嘔吐などの症状を招きます。

首の場合は、頚椎という大事な関節が身体の機能として重要な部分の神経を司っているため、事故により激しく損傷を受けた場合は、足に麻痺が残ったり、手足の自由が効かなくなることもありますので、事故での怪我は事故直後に症状が出ていなくても、安易に怪我をしていないと判断せずに必ず医療機関や佐賀県三養基郡基山町の多賀はりきゅう整骨院へ受診してください。

当院では患者様の症状に合わせて積極的な治療で症状改善を目指していきます。
またお一人お一人に合わせて細かく施術方針を決めて治療に入りますので、気になることや苦手な治療が合った場合はできるだけ先生に遠慮なさらずに伝えるようにしてください。

先程も述べたように、事故の怪我は長期間かかることも珍しくありませんし、最悪の場合は辛い後遺症を何年も何十年も残すことにもなり兼ねませんので早期対応と計画的な施術で辛い症状から開放されるように施術を進めていきます。

保険会社の担当者との対応でわからないことや書類の書き方でお困りのことがあれば、わたしたちが全面的にサポート致しますので、これらの件も遠慮せずに聞いてください。

当院は患者様目線で施術を行い、安心して通院できる環境を整えていきまのでお気軽にお問い合わせください。