みなさんはPTSDという言葉をご存知でしょうか?

PTSDとは心的外傷後ストレスの略でいわゆるトラウマのことを指します。

心的外傷後ストレスは強烈なショック体験、強い精神的ストレスがこころのダメージとなって

時間がたってからもその経験に対して強い恐怖を感じるものです。

震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。

突然怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛が続く、眠れないといった

症状がでてきます。とてもつらい体験によって誰でも眠れなくなったり食欲がなくなったりするものですが

それが何カ月もつづくときはPTSDの可能性があります。

ストレスとなることを経験してから数週間、ときには何年もたってから症状がでることもあります。

こうした辛い症状が続いている場合は一度専門家に相談しましょう。

 

 

しかしこのような経験をした人全員がPTSDになるわけではありません。

同じ事故にあってもPTSDになる人とならない人がいます。

では、PTSDになるひとは心の弱いひとなのでしょうか?

実際にはそんなことはなく、屈強な男性がPTSD悩まされている例もたくさんあります。

どんなひとがPTSDになりやすいのかはわかっていません。

言い換えれば誰にでもその可能性があるのです。

いつまでもこころの傷を回復できないからといって自分を責めないでください。

とても怖い思いをしたあなたにとってPTSDは自然の反応ともいえるのです。

生命の危機に直面するほどの体験をしていてもいま悩まされている症状とその体験を

結びつけることができないこともあります。

原因がわからないまま心の不安定な状態が続くと原因がわかっているとき以上に周りの人も

つらく疲れてしまいます。

それが過去の体験に基づいているときがつくとそれは回復への一となります。

事件や事故のことをすっかり忘れたつもりでいてもふとしたときにつらい体験をした時に

味わった感情がよみがえります。

それは恐怖だけではなく苦痛、怒り、悲しみ、無力感などいろいろな感情が混じった記憶です。

周りからみると何もないのに突然感情が不安定になり取り乱したり涙ぐんだりするので

理解に苦しむことになります。

心的外傷後ストレス(PTSD)は人に理解してもらえないことが多く

お一人で悩まれている方もいらっしゃいます。

私たちたがはりきゅう整骨院はみなさまおひとりにあった治療をしていくとともに

みなさんのおなやみに寄り添いながら治療してまいりますので

ぜひ一度ご相談ください。