みなさん交通事故にあった際にあとから身体がだるいな〜と感じた時にすぐに医療機関に行ってますか?

交通事故治療は期間が大事です。

治療開始の時間が早ければ早いほど回復に向かう時間にも影響してきます。

 

交通事故にあった時は、興奮状態になっている事も少なくありません。

たとえその時に、何かお身体に異常が生じていても気づかない事もあるのです。

特に、交通事故のお怪我で代表的なものにむち打ち症があります。

このむち打ち症こそ症状が遅れて出てきやすいものなのです。

 

むち打ち症とは、頸部捻挫や頸部交換神経症候群などの総称で吐き気や頭痛、頸部の痛みなどの症状が主です。

問題なのが、先ほどもお伝えした通り症状がすぐには出てこない事があるという事。

事故当初は、自覚症状もなく元気に生活していても時間の経過と共に症状が現れるのです。

 

こうなった場合に、事故被害者本人が交通事故とはなんの関係もないただのお身体の不調だと感じてしまうことが一番危険です。

もし、後遺症として残ってしまえば一生頭痛や吐き気、痛みと付き合っていかなければいけません。

なので、むち打ち症がどのような症状なのかということと遅れて症状が現れる事があるという情報を知っているかだけでも事故後の対処の仕方が違ってきますのでしっかりと覚えておいてくださいね。

 

 

もう一つ注意しておかないといけない点があります。

それは、交通事故を起こした日から医療機関にお身体にの状態を診せにいくまでの期間が重要です。

この期間が長くなると、いざお身体の調子が悪くなって仮にそれが交通事故の影響だとしても医療機関には交通事故との因果関係が認められず自賠責保険を使用して治療をしていくことが難しくなる可能性が高くなるのです。

 

この期間はおおよそ1週間程度と言われています。

なので、交通事故にあった際は、少しでもお身体に異変を感じた時にすぐに医療機関に行くように心掛けてください。

回復時期の問題もありますが、保険を使用した治療ができるかの重要なポイントになります。

 

もちろん、時間が経ったからといって自賠責保険を使用できないというわけではありません。

なので、まずはお身体を診せに行くことが重要です。

あなたのお身体は、一つしかありません。

何ものにも代えられないものなのでどうぞ大切にしてください。

 

多賀はりきゅう整骨院では、交通事故治療を専門にしております。

何かお困りのことがございましたら、是非お越しください。