車を運転している限り絶対に事故をおこさないという保証はありません。

万が一人身事故を起こした場合相応の罰を受けなければなりませんが人身事故の罰則には

刑事処分と行政処分の二種類があります。

刑事処分とは事故を起こした場合に警察からうける処分のことをさします。

人身事故を起こした場合被害者側が届け出をだすと人身事故として処理されます。

その場合警察から検察へと報告が行き検察は現場検証を行い処分内容を決定します。

刑事処分は事故の度合いにより異なり治療期間が15日未満の軽症から死亡事故まで七段階にわけ

十二万から最大五十万までの罰則金と懲役刑や禁固刑の処分が下されます。

また事故を起こして2.3か月たつと検察庁から出頭要請がきて事故に関して事情聴取される場合があります。

事情聴取により処分内容を決めるため出頭要請がきた場合は起訴される確率が高いです。

ただし数か月たっても出頭要請が来ない場合は起訴猶予になった可能性があり、半年以上たっても出頭要請が

ない場合は起訴猶予と判断できます。

 

 

行政処分とは事故を起こした場合の免許停止や取り消しなどの処分のことをさします。

警察ではなく公安委員会により処分され処分ないようは事故によって加算された点数により

決定されます。

加算点は刑事処分の加点とはことなり交通違反を行った基礎点数、事故の負荷点数

事故の措置義務違反によって加算点数がきまります。

刑事処分や行政処分のほかに重罰を科せられるものとして

酒帯運転や横断歩道上をあるく歩行者への人身事故などがあげられます。

 

交通事故の原因となる原因をここからはお話しします。

 

まず信号無視黄色信号、赤信号に変わってすぐの信号無視は事故の元と

なります。無理に交差点に進入することは避け黄色信号でも停車できる速度で走行しましょう。

 

次に交差点安全通行義務違反。交差点は信号を守っていればいいだけではありません。

道交法では次のように定められています。

車両は交差点に入ろうとし及び交差点内を通行するときは当該交差点の状況に応じ交差道路を通行する車両など

反対方向から信仰してきて右折する車両など及び当該交差点またはその直近で道路を横断する歩行者に注意し

かつできるだけ安全な速度と方法で進行しなければならない。

と記載されています。

交通事故でわからないことお悩みがある方多くいらっしゃることでしょう。

どんなことでもお話し伺います一度多賀はりきゅう整骨院までご相談ください。