自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故は年々増えています。

車との事故事故では自転車は弱者としてとらえられがちでしたが対歩行者の事故では

加害者になることが多くなっています。

自転車は軽量車です。道路交通法の規制をうけます。

免許制度はありませんが車両と運転者としての義務は四輪車やバイクとなどと変わりません。

事故を起こせば警察に通報する義務があり、損害賠償や慰謝料などの民事上の責任も問われます。

自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故で相手を死傷させた場合加害自転車に重過失が認められれば

重過失傷害罪が適用されることもあります。

 

自転車は専用の道路が設けられている場合は原則としてそこを通行しなければなりません。

歩道は歩行者専用の安全通行エリアであり道路標識などで自転車の走行が許可されている場合のみ通れます。

また、歩行者の通行を妨げる場合には一時停止の義務があります。

自転車の走行が認められていない歩道上で自転車と歩行者の事故が起きた場合には自転車に全面的な過失が認められることになります。

信号無視や一時不停止、無灯火、酒酔い運転など悪質危険な違反については取り締まりも厳しくなっており積極的に検挙、適正な処分がなされることになっています。

自転車には自賠責保険のような強制加入の保険制度はありません。

そのため、自転車事故が起きた場合に被害者が救済されないこともあります。

自転車とはいえ、相手を死傷させれば加害者は高額の賠償責任を負うことになりますが

一個人では限界があります。

自転車に乗る人は万一の事故に備えてそ損害保険会社で取り扱っている自転車保険や個人賠償責任特約に加入しておくとよいでしょう。

 

自転車を安全に利用してもらうためにTSマークというものがあります。

自転車安全整備士が点検、整備済みの自転車に添付されるシールです。

傷害保険と賠償保険がセットになった一年間の付帯保険がついています。

青色マークと赤色マークがあり補償内容が違ってきます。

TSマークのついた自転車安全整備店の看板のあるお店で取り扱っています。

自転車も道路を走る立派な車両であり道路は歩行者優先であることを改めて確認できましたね。

身の回りの日常を見返してみると自転車が歩行者にベルを鳴らしてよけさせる行為を多々見かけます。

ですがそれは間違った行為です。社会のルールや秩序をもう一度見返してみましょう。

私たち多賀はりきゅう整骨院ではみなさまの身の回りでおきた交通事故やトラブルに

関してご相談を受けるとともに治療も行っておりますので安心してぜひ一度ご来院ください。