任意保険の自動車保険にはさまざまな契約の種類がありますがその代表的な補償内容は次のとおりです。

▼対人賠償保険

人身事故の被害者にたいして死亡、怪我の損害賠償をする。自賠責保険の支払い限度額を超えた分を保証します。

 

▼対物賠償保険

事故で他人の車や建物、ガードレールなどに損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合の損害を補填します。

▼人身傷害保証保険

事故で自分や同乗者が死傷した際に、自分に、過失がある場合でも損害の全額が保証されます。相手が保険未加入で損害賠償について全く支払い能力がなお場合でも自分の保険で損害の回復を図ることができます。

▼搭乗者傷害保険

契約車両に乗っていた人が事故で死傷した場合に支払われます。

▼無保険車傷害保険

契約した車に乗車中の人が事故で死亡または後遺障害を被った場合で、加害者が保険未加入などのため十分な損害補償が受けられないとき、またひき逃げで、加害者が特定できないようなときにその損害を保証してもらえます。

▼自損事故保険

単独事故など、相手に加害責任を問えないような事故で、運転者が死傷した場合に支払われます。

▼車両保険

契約した車が衝突や接触、火災、盗難などによって破損喪失などの損害を受けた場合に支払われます。

物損の保証は任意保険で適応できます。加害者が負傷した場合に人身傷害補償保険や同乗者が 傷害保険などの契約をしていれば補償してもらえます。

被害者も自分が加入している 任意保険の契約内容によってそちらから補償されるものがあるので、忘れずに確認しましょう。

 

物損についての損害保証は対物賠償のある任意保険で対応できます。自賠責保険は適用されませんが過失のある相手には賠償請求ができます。ただし、物損事故の場合慰謝料は原則として認められていません。

 

交通事故で壊れた物販は時価が補償額になります。

加入している保険会社に確認してみましょう。

補償額は過失割合に応じて減額されることもあります。事故で壊れたという証明のためにも事故現場では車以外に壊れた物品の写真も撮っておくといいでしょう。

 

自動車の修理が不可能な場合全損として事故直前の車の時価が損害額となります。

ただし、修理代が車の時価よりも高い時は、時価が損害がとなります。また、修理しても車両価格が下落する場合には評価額が認められます。

買い替え、修理期間中の代車料やレッカー車代金などの計上もできます。

交通事故を起こしていろんな部分で不安定になってしまうと思います。なにかお困りのことがありましたら多賀はりきゅう整骨院へぜひご相談下さい。