ご自分が運転している時に、交通事故を起こした場合は基本的に相手の自賠責保険任意保険を使用し補償してもらうことが通常です。

では、ご自分が助手席等の同乗者として交通事故に遭遇した場合の補償はどのような形式になるのでしょうか。

 

今回はそのことについてお伝えしていきます。

先程もお伝えしたとおり、ドライバーとして事故を起こした場合、基本的には過失割合に応じて相手の自賠責保険から補償をしてもらうことになります。

そこで補償できない額があった場合、それぞれの加入している任意保険によって補償するということになります。

 

では同乗者として事故に遭遇した場合の補償ですが

①使用する保険

②運転手との関係性

によって変わってきます。

 

まずは自賠責保険の場合です。

事故の相手が自賠責保険を使用して補償をする事になった場合は基本的に補償をうけることができます。

 

次に任意保険の場合です。

実は任意保険の場合、相手の任意保険とドライバーの任意保険の両方から補償を受けることができます。

相手の任意保険からは補償を受けることができますが、ドライバーの任意保険を使用する場合が注意が必要です。

 

ドライバーの加入している保険の内容とドライバーとの関係性によって補償の適用範囲内かどうかが変わってきます。

 

任意保険には、各保険会社により様々なプランのものがあるのですがポイントは「対人賠償責任保険」と「人身傷害保険特約」の2つの内容が含まれている場合です。

この2つがドライバーとの関係性が重要になってきます。

ドライバーと同乗者との関係性としては、親子、配偶者、兄弟、恋人、友人などがあります。

 

親子、配偶者の場合

この場合、対人賠償責任保険は支払われません。

人身傷害補償特約であれば補償が支払われる可能性があります。

 

兄弟、恋人、友人の場合

この場合、どちらの保険も適用範囲内なので補償される可能性があります。

 

同じ家族でも親子、配偶者と兄弟の場合では違いますし、恋人から配偶者になることで補償の適用範囲内かどうかも変わってきますので注意が必要です。

 

このように保険の内容がどのようなになっているのかをしっかりと把握したうえで、保険会社の方や事故相手と話し合いをしていかなくてはいけません。

 

ですが、事故に遭った際にお困りのことで最も多いのが相手との話し合いです。

そのような場合は、弁護士などに相談するのが1番安心です。

当院にも、交通事故アドバイザーが在籍しておりますので、不安なことがあれば是非お越しください。