みなさん交通事故に遭われた際、事故の相手の方や保険会社の方と様々なやり取りをしていかなくてはいけません。

それを全てご自分でできますか?

以前、このブログで示談交渉の際に気をつける事をご紹介しました。

しかし、しっかりと頭の中では把握してあてもいざその時になると、なかなかパッとは行動できないものです。

そのような時にすぐに相談できる場所があると良いですよね。

今回は、示談交渉に限らず様々な場面で頼りになる相談機関をご紹介していきます。

 

 

「日弁連交通事故相談センター」

以前もご紹介しましたね。

全国150カ所以上の相談所が存在し、交通事故に精通した弁護士が無料で相談を行ってくれる公益社団法人です。

 

「交通事故紛争処理センター」

この機関は損害賠償問題で任意保険会社とのやり取りがスムーズにいかない時に相談できます。

被害者からの申し立てにより、法律相談や和解の斡旋、審査による賠償額の決定などを行なってくれます。

費用は無料、電話で相談の予約をしないといけません。

なお、電話では予約のみで相談は受け付けてないようです。

 

「法テラス」(日本司法支援センター)

法的なトラブル解決に必要な情報やサービスを受けられる、法務省所轄の公的法人です。

無料で専門家の相談所の紹介や解決手続きの説明を行なっています。

また、経済的に余裕のない方の為に、無料法律相談や必要に応じた弁護士・司法書士費用の立て替えも行なっております。

面接や電話での相談はもちろん、メールでの問い合わせも受け付けているそうです。

 

「そんぽADRセンター」(日本損保保険協会)

日本損保保険協会が保険業務に基づき設けている指定紛争解決機関です。

保険会社とのトラブルが解決しない場合の苦情の受付や共済の支払いをめぐる紛争の公正な調停及び相談などを行なっております。

国から指定を受けている第3者機関になっており、紛争処理への申請は原則無料です。

事故による被害者からの相談はフリーダイヤルで受け付けております。

 

「地方自治体の交通事故相談所」

上記にしるしている機関以外でも都道府県や市町村区では、住民相談の一環として交通事故の相談も行なっております。

詳細は各自治体に問い合わせてみてください。

 

 

今回はいくつかの相談機関をご紹介しましたが、どの相談機関も基本的には無料で相談することができます。

また、どの相談機関に連絡したらいいのかわからないという方は是非、一度当院にご来院ください。

当院にも交通事故に精通したアドバイザーが在籍しております。

事故当初から治療が終了するまでしっかりとサポートしていきますのでお気軽にご相談ください。