物損事故と人身事故の大きな違いとはなんなのでしょうか?

まず、物損事故とは物損しか発生していない事故のことです。例えば車が破損したり商店や塀、民家やガードレールなどが壊れたりしただけのケースでは物損事故扱いになります。

これに対し、人身事故は交通事故で被害者が怪我をしたり死亡したりしたケースを指します。車が壊れていても人が怪我をしていたら人身事故扱いになります。

つまり人身事故か物損事故か判断に迷ったら

▼人身事故は人の命や身体に損害が生じた場合

▼物損事故は物だけが壊れて怪我をしていたい場合

と言えます。

 

交通事故ご起きた場合加害者は物損事故にしたがるケースがあります。それはなぜでしょうか?

まず一つに物損事故になると加害者の免許の点数が加算されません。これに対し人身事故の場合には加害者の免許の点数が必ず加算されます。

さらに物損事故になると加害者は刑事罰を受けません。人身事故の場合に自動車運転危険致死傷罪や危険運転致死傷罪が適応される場合があります。

 

さらにさらに、物損事故の場合加害者が支払う賠償金の金額ごかなり下がります。

物損事故の場合慰謝料は発生しませんし後遺障害が、残ることも死亡することもないので逸失利益も発生せず車の修理代だけ支払ったら終わりになるのです。

そこでこうつうぎこの示談交渉などもすぐに終わります。

 

以上のように物損事故扱いにすると加害者にとっては何かとメリットが大きいのです。そこで加害者は事故を起こした際物損事故を望むことが多いのです。

次に交通事故で物損事故を加害者側から望んでくるケースについてお話しします。

まずは事故なれしている人が挙げられます。こうした人の場合交通事故でほ人身事故より物損事故の方が得をすることをわかっているため物損事故にしたがる傾向にあります。

タクシーやトラックの運転手はこうした事情に詳しいので救急車で運ばれたのにも関わらず軽傷であったため、

▼お金は払うから、人身事故届けを取り下げて、物損事故扱いにしてほしい。

▼警察は呼ばないでその場で示談してほしい

と頼まれることがあります。

しかし物損事故扱いにすると被害者にとっては不利益が大きいので事故で怪我をしている場合は必ず人身事故として届け出る必要があります。

また、基本的には人身事故から物損事故に切り替えることはできません。

このように交通事故に関することで知らない知識も多く困ってしまうことも多くあるのではないでしょうか?交通事故で関する知識や怪我でお困りの方はぜひ一度多賀はりきゅう整骨院へご来院下さい。

 

スタッフ一同でサポートしていきます。