みなさん交通事故にあった際、しっかり症状が落ち着くまで治療をしていますか?

 

今回は、交通事故治療の際の継続治療の大切さについてお伝えしていきます。

まず当院に通院されている交通事故の患者様のお話しですが、事故治療初期は頸部の軽い痛みが主訴でした。

治療を重ねていくことによって、だんだんと症状も改善していきました。

しかし、2〜3ヶ月経過した段階で頸部の痛みが強くなり腕に強い痺れが出現しはじめたのです。

それからもしっかりと継続的な治療を行い、現在では痺れもおさまり痛みもほとんど出現しなくなりました。

 

このように、交通事故のお怪我で怖いところは、初期では見られなかった症状が遅れて現れるということです。

しかも、早ければ数日で出てくる症状もあれば、遅いもので数ヶ月たってから出てくる今回のような例もあります。

症状も痛みや吐き気、頭痛、倦怠感(だるさ等)そのかたによってもさまざまです。

今回お話しした患者様は、しっかりと通院を続けられていたので腕の痺れが強く残る事もなく症状が次第に改善していきました。

 

しかし、患者様のなかには、症状が軽減し始めた段階でご自分の判断で通院ペースを減らしたりさらには治療を辞めてしまう方も、やはりいらっしゃいます。

そのまま症状が落ち着いていきその後何も支障がなければそれでも問題ありません。

問題なのは、その後に今まで感じたことのないような新たな症状が現れはじめた場合です。

患者様が通院を辞めて数日のあいだに症状が現れたのであれば再度通っていた治療院で治療に専念すれば良いのですが、症状が現れるまでに1ヶ月以上現れた場合は再度交通事故の治療として通院することは難しくなります。

なぜなのでしょうか。

それは、1ヶ月以上健康な状態が続いた場合、新たな症状が現れた時にそれが事故によって現れた症状なのかという因果関係を証明しにくいからです。

 

なので、交通事故の治療の際はご自分で判断せず、お身体のプロである施術者としっかり話し合いながら治療期間などを決定していきましょう。

 

私たち、多賀はりきゅう整骨院も交通事故の治療には経験と実績は豊富です。

しっかりとその後の人生にも支障がない状態にまで責任をもってサポートしていきます。

さらに、交通事故アドバイザーも在籍しておりますので、事故の際の不安もしっかりとご相談にのり、サポートしていきます。

とにかく事故治療は継続が大切です。

途中で諦めずに最後まで私たちと頑張りましょう!