道交法違反は点数で評価して処分されます。

点数制度とは自動車や原動機付き自転車の運転者に対して過去3年間の期間内に道路交通法違反や交通事故を起こした場合にその違反内容に応じてあらかじめ決められた評価を点数で表しその合計点数に応じて運転免許の停止や取り消しなどを行う行政上の処分制度のことです。

この点数制度の対象者は現に運転免許を保有しているものだけに適用されるものではありません。無免許で自動車や原動付自転車を運転して検察官に検挙されたものにも適用されます。無免許者の場合には現時点では行政処分上の処分としてはなんの影響もありませんが将来その者が運転免許試験に合格して運転免許の交付を申請したとき過去の違反の点数に応じた一定期間運転免許の交付が拒否または保留される事になっています。

違反行為そのものに対する基礎の点数となるのが基礎点数ですわ、全ての道路交通法違反行為に対して基礎点数が設定されているのではありません。免許不携帯、泥はね運転、警音器使用制限違反などは除外されていまふ。また故意による人の死傷または建造物損壊のいはんこういをして交通事故を起こした場合には独立して35点とされています。

次に違反行為に対して付加されるのが付加点数ですを次の2種類があります。

①交通事故の場合の付加点数

②交通事故の場合の措置義務違反の付加点数

 

点数計算の起算日は、違反行為をした日とされています。過去三年以内に前歴がない場合は、過去3年以内の違反点数を合算し過去3年間以内に前歴が一回以上ある場合は最後に受けた処分以降に犯した違反点数を合算することになっています。

たとえは一定の点数に達して3ヶ月間の免許停止処分を受けた場合それ以前の点数は通算して合算されるのではなく停止処分後に発生した処分だけを合算することになります。

また、前回の違反行為後、新たな違反行為をすることなく1年を過ごした場合はその期間前における違反行為の点数は計算されないことになっています。2年間無事故無違反の運転者が一点または二点の軽微な違反を犯した場合はその後3ヶ月間違反行為がないときには点数に加算されないことになっています。

道交法に基づく点数制度ではその行為を特定違反行為として過去三年以内の免許停止などの処分回数に応じて欠格期間がきまります。

①故意により自動車の運転で人を死傷または建造物損壊するもの

②危険運転致死傷罪に値するもの

③酒酔い運転または麻薬などによる運転

④ひき逃げによる救護義務違反

これらの特定違反行為以外の無免許運転や酒酔い運転、一時停止違反や信号無視などの違反行為を一般違反行為として過去三年以内の免許停止などの処分回数に応じて欠格期間や免許停止などの処分を決定します。

 

行政処分の点数制度について簡単にお話ししましたが難しいと感じた方もいらっしゃったのではないでしょうか。なにかお困りのことがあれば是非一度当院にご相談ください。