交通事故に遭った際の様々な面倒な手続き

これを全て自分でしなければいけないと思っていませんか?

 

自分ではどうしていいか分からないことは、弁護士や司法書士に相談し代わりにやってもらうこともできます。

ですが、どのような時に頼めばよいのかすらも分からないですよね?

今回は、弁護士、司法書士、行政書士のそれぞれがどのような場合に依頼することができるのかをお伝えしていきます。

 

●弁護士

弁護士のみがこなせることがあります。

それは、依頼者に代わって保険会社との示談交渉や裁判です。

書類作成から代理人としての活動まですべてをサポートしてくれます。

弁護士に示談交渉を任せた場合、その後の裁判までを視野に入れた交渉ができます。

その為、慰謝料なども適切な賠償額を得られやすいというメリットがあります。

弁護士に依頼した場合、弁護士費用が高額になるイメージをお持ちの方が多いと思います。

実際にそのような場合もありますが、最終的には受けとった慰謝料の中から成功報酬として支払うことも多いので経済的に余裕がない場合でも、依頼可能な場合も多いのです。

 

●司法書士

司法書士は登記手続きの専門家です。

原則として、裁判や示談交渉を代理することはできませんが、認可された「認定司法書士」であれば、損害賠償請求額が140万以下の場合のみ、弁護士と同様の活動をすることができます。

但し、被害が比較的軽い物損事故や後遺症の無い傷害事故などに限ります。裁判も簡易裁判所での一審のみになります。

自賠責保険を扱うことはできませんが、裁判所に提出する適正な書類を作成してくれます。

 

●行政書士

主に、行政関係文書を作成する専門家で、書面を作成する権限しかありません。

なので、依頼者の代理人として相手と直接交渉することはできません。

ですが、自賠責保険請求の手続き等はサポートしてもらえます。

 

 

司法書士や行政書士への依頼は、書類作成や比較的軽微な事故に限られます。

これに対し、弁護士は書類作成や示談交渉・裁判の全ての手続きを代理することが可能です。

但し、交通事故に対して専門的な知識を持っていない弁護士もいるので、依頼する前によく確認することが大切です。

 

また、任意保険で「弁護士費用特約」がついていれば、弁護士や司法書士、行政書士への依頼もしやすくなりますので、ご自分に保険の内容を一度確認しておくことも良いでしょう。

 

また、当院には交通事故アドバイザーが在籍しております。

弁護士などには相談するか悩むような小さなお悩みがあればお気軽に当院にお越しください。