今年は、勢力の強い台風が立て続けに発生していますね。

台風が近くなると、天候も悪くなります。

当院がある佐賀県三養基郡基山町も脊振山の影響で天候が悪くなることが非常に多いです。

 

さて、雨の日などはお身体の不調を訴える方が多くなります。

特に交通事故の患者様はお身体に大きなダメージを受けている為にその傾向が強いですね。

 

今回は雨天時に現れやすい症状についてお伝えします。

交通事故後に一番症状が出やすく治りにくいのが天候による症状の悪化です。

中でも多いのが頭痛、事故により損傷を受けた部分の倦怠感、痛みの増大です。

 

そもそもお身体は、気圧の変化に対してあまり強くありません。

その為、気温や天候とともに気圧が変化すると疲れがたまりやすくなります。

交通時事に遭われた際、お身体の深部の組織に衝撃が加わり損傷してしまいます。

損傷した組織は正常な組織と比べ、疲労しやすい性質があります。

その為、気圧の差が大きい場合、交通事故でお身体に損傷がある方と正常な方では痛みの増幅の割合が違ってきます。

また気圧の変化だけではなく、普段の生活での家事やお仕事などでも疲れや痛みを感じやすくなります。

 

また、気圧の変化で自律神経に影響があり症状が悪化する場合もあります。

これは、「気象病」と言われます。

天気によって痛みが出る場合、それを「天気痛」と呼ぶ場合もあります。

自律神経の中には、心身の活動を高め、痛みにも関与している「交感神経」とそれとは反対に心身を休息させる「副交感神経」と言われるものがあります。

この二つの神経のバランスが崩れると頭痛などが起こったりします。

気圧の変化が、お身体のバランスや聴覚に関係する耳の中の内耳にある気圧を感知する機関で感知され交感神経が優位になります。

もともと事故によりダメージを受けているお身体にこのような多少のバランスの変化などがあっても正常な方に比べ頭痛を生じやすいのです。

 

交通事故に遭われた方は、損傷を受けている部分を早期に治癒する事とお身体に疲労を定期的に取り除いていく事が重要です。

なので、治療を受ける際は早期に治療を開始する事とこまめな通院が重要になってきます。

 

佐賀県三養基郡基山町にある多賀はりきゅう整骨院は交通事故治療に特化した治療院です。

事故初期の様々な手続きから治療終了までわかりやすく徹底的にサポートさせていただきます。

交通事故後のお身体の症状でお困りの方は是非一度お越し下さい。