これまで交通事故に関してたくさんのことをお話ししてきましたが基本に戻って

交通事故にあってしまったときなにをしなければならなかったかもう一度確認の意味でお話しして

いきます。

まず被害者となってしまった方はなにをすればよいのでしょうか?

まず、突然の交通事故にあってあわてうろたえたりしないことです。

落ち着いて周りの状況をよく頭によく入れておきましょう。

相手のある場合にはなおさらそのひつようがあります。

事故現場でしなければならない3つのこと。

①事故現場の状況をよく確かめておくこと。

②加害者とその車を確かめる

③さん近くの警察へ必ず事故の届け出をする

自動車を運転しているとき交通事故にあえば加害者と同じように被害者もすぐに運転をやめて相手の負傷の様子や車の損傷などをよく確かめなくてはなりません。

事故の内容によってはぶつけられたほうが加害者とされる場合もあるので状況時の確認が必須になるのです。

たとえば交差点における直進者と右折車との衝突事故や一方に一時停止義務違反がある場合等がその例です。

交通事故の場合、どちらがどの程度悪かったという点が必ず問題になります。ですから交通事故の現場は警察が来るまでできるだけそのままにしておきましょう。

けれども、事故車を道路上にそのまま停めるとほかの車の通行を妨げたり、危険になるようなときには、お互いの停車位置や事故の時の状況などを確認してからお互い良く事故の時の状況を確認しておくようにしましょう。

交通事故によってけがをしたり死亡したり建物などを壊された場合は加害者はもちろんその運転者に雇い主がいればその雇い主と加害者両の所有者に対して損害賠償を請求することができます。

 

損害賠償を請求するには次のことが必要です。

①ひき逃げあてにげされないように加害者のナンバー、車種、車体の色、特徴をメモしておく

②加害者本人が確認できる運転免許証や身分証明称をみせてもらい本籍電話番号住所勤務地なども確かめる

③加害車両の車検証、自動車保険証書、をみせてもらい加害車両にかけられている自動車保険の内容や契約している保険会社を確かめておく

です。

加害者は交通事故を起こしたら、道路交通法によって事故の内容などを近くの警察へ直ちに届け出る必要があります。

ただし加害者が重症の場合もありますのでその場合は被害者が変わって届け出ても構いません。

事故の届け出を警察にしておけば後になって保険金の請求手続きをするときに必要な交通事故証明書を発行してもらえます。

皆さんも何かお困りのことがありましたら是非一度当院へご相談ください。