今日は交通事故で使える健康保険とその他の保険についてお話していきます。

労災のほか交通事故で使える保険には、健康保険およびその他の保険があります。

なお、健康保険を使う場合には第三者行為傷病届が必要です。

交通事故の場合にも、健康保険を使用することができます。この場合には第三者行為傷病届に手続きが必要です。健康保険組合が後で加害者に対して被害者に支払った保険金相当額の償還を求めることになっていますので、加害者の負担となる損害賠償額が減額されるものではありません。病院によっては、健康保険を使用した保険診療を嫌って自由診療を勧めますが自由診療は治療費が高額となり後日、保険会社との間でもめごとにならないように気を付けましょう。

また被害者側にも相当の過失がある場合には健康保険を利用した方が良いといえるでしょう。

交通事故では健康保険以外にも以下のような保険を使用することができます。

1、国民年金法

2、厚生年金保険法

3、国家公務員等共済組合法

4、恩給法⇒交通事故の被害者または遺族は上記四つの法律に基づく給付金を受け取ることができます。これらの給付金を受けた場合には被害者の損害がその分だけ補填されたことになり後日、任意保険を受ける場合にはその分だけ腔徐され二重には受給できません。

5、生命保険⇒被害者側で加入している生命保険により、被害者が死亡した場合の死亡保険金んが、また被害者が入院して病気療養中の場合には入院給付金の支払いを受けることができます。これらの死亡保険金や入院給付金については損害額から排除されません。

6、所得補償保険⇒被害者側で加入している所得補償保険により、休業損害に相当する補償金を受けた場合には損害額から排除されます。

このように保険を使って損害賠償をうけることは権利ですが、任意保険が支払われないケースとはどのような時でしょうか?

保険会社は自動車保険契約に基づいて、交通事故が発生すれば保険金を支払うことになっていますが、ある一定の自由があれば保険金の支払いを拒否することができます。これが免責事由というものです。

免責事由にもいろいろありますが、いづれも保険会社から渡された自動車保険躍起の中に症際に記載されています。

仮に契約者が躍起を読まなかったために免責事由を知らなかったとしても保険契約上は保険契約者が当然読んだものとして知っているとみなされてしまいますので必ず保険躍起に目を通すようにしましょう。

交通事故の後遺症や保険のことなど複雑なことが多くありお困りの方は多くいらっしゃいます。なにかお困りのことがありましたら当院へご相談ください。