皆さん交通事故治療を整骨院で受けたことのありますか?

経験のある方もたくさんいらっしゃると思います。

整骨院で交通事故の治療を受ける場合、多くの場合はご自身の加入している保険や事故相手の自賠責保険を使用しての治療がほとんどだと思います。

しかし、健康保険をしようして交通事故の治療を受ける事ができる場合があるということを皆さん知っていましたか?

今回はどんなケースが健康保険を使用して交通事故の治療を受ける事が出来るのかをお伝えしていきます。

 

まず皆さんが一般的に行う交通事故治療ですが、事故を起こした際に警察と双方の保険会社に連絡をします。

そこで警察に事故調査をしてもらい事故証明書を作成してもらう必要があります。

保険会社には事故が起こったということを報告し、お互いの過失割合に応じた損害賠償額を保険会社のほうから支払うという形になります。

事故を起こした際には、お身体に異常がある場合直ちに病院、整形外科などの医療施設に行きお身体のどこが事故により傷害を受けたのか医師に診断書を作成してもらう必要があります。

この時に、整骨院に来ても構いません。

お身体をしっかり見たうえで、医師の紹介をさせていただきます。

以上がとても簡潔に事故後の治療を受けるまでの流れになります。

 

では、健康保険を使って治療を行う場合とはどのような場合でしょうか。

考えてみると、健康保険を使っても使わなくてもご自分の負担額はかかりません。

しかし、事故によるお身体の損傷が大きかった場合は、そうもいきません。

自賠責保険の支払い額にも限度額があります。

基本的に、ひとり当たり120万円となります。

ですが、治療費が多額になってしまった場合、例として120万を超えた場合は超過分の治療費は自己負担となるのです。

事故相手が任意保険に加入している場合は、任意保険からも支払いがありますが全員が加入しているわけではありません。

なので、保険証を使用し治療費を安く抑えることで限度額を超えないようにするわけです。

 

では、健康保険を使用し事故治療を行いたい場合はどうすればよいのでしょうか。

まず治療する医療機関に健康保険を使用したい旨を伝えましょう。

できるだけ早めに伝えたほうがいいでしょう。

次に、ご自分が被保険者となっている健康保険所轄事務所に必ず本人が「第三者行為による傷病届」を提出します。

すぐに提出できない場合は、電話などで連絡し後日できるだけ早期に正式書類を提出するようにしましょう。

以上の流れになります。

 

当院でも、健康保険を使用した事故治療は行っております。

お気軽にご相談ください。