Ó被害者にも過失があれば賠償金が減らされます。過失相殺とは、交通事故の原因が加害者の一方的な過失によって発生したのではなく、被害者側にも過失があった場合は被害者の過失割合分を全損害額から減額するということです。

例えば、ある交通事故の過失割合が被害者20パーセント加害者80パーセントとした場合、被害者が保険会社に請求できる損害賠償金額が全部で200万円であったとすると、被害者の過失割合20パーセント分が減額され、受け取る保険金額は160万円ということになります。加害者と被害者との過失割合は交通事故発生の形態によって基本的なパターンが大体決まっています。交通事故の形態は多数あります。自賠責保険でも過失相殺の適用があり、保険金が減額されます。保険会社は、任意保険の適用に関してきめ細かな過失相殺率を厳格に適用しています。しかし、自賠責保険の適用に関しては、被害者側によほど重大な過失がない限りはきめ細かい過失割合の設定をしていません。被害者とされた側の過失割合が50パーセント以上であることが判明すれば、もはや被害者とはいえなくなりますが、自賠責保険では、70〜99パーセントの過失があっても保険金の支払いを受けられます。

損益相殺とは、交通事故の被害者が加害者から損害賠償を受ける場合に、同一事故を原因として他からりえきをうけたら、その利益額を損害額から差し引くことです。たとえば、交通事故により被害者が入院したり退院したりして、60日間休業したとします。被害者が休業1日について一万円の保険金を受け取れる所得保証保険に加入していため、60万円ほ所得保証保険金を受け取りますと損害賠償の中から60万円差し引かれるというものです。ただし損益相殺が認められら場合とそうでない場合とがあります。

 

たんに事故を起こした自動車に同情していたというだけでは運転していた加害者や自動車ほ保有者に対して損害賠償請求をしても、賠償額は原則として減額されません。しかし例外として、同乗していた被害者に落ち度がある場合には、慰謝料についてのみ減額されたり全損害額についてについて減額されることもあります。たとえば運転者が飲酒してかなり酩酊しているのを知りながら無理にその車に同乗させてもららいその途中で事故がおきて負傷した被害者が運転者に損害賠償を請求する場合、全損害額の30パーセントを減額されたりします。

 

交通事故では、わからないことが多くあり不安な方も多いと思います。なにかお困りのことがありしたら当院へぜひご相談ください。